Recommended Book

シェアしたがる心理~SNSの情報環境を読み解く7つの視点

普段私が考えているFacebookやInstagramの使い方がガラッと変わった一冊。

最近「24時間たったら消える投稿が好まれる」という話を聞いて、意味が分かりませんでした。投稿した情報は記録であり、蓄積されることで認知度も高まる。そしてブランディングになる。だから私は書籍を読んだら紹介するし、どこかに行ったらそのことも記録します。

しかし「今の投稿が10年、20年残るとしたら」「自分の死後も残るとしたら」そんな不安感もあり、消える投稿を刹那的に楽しむ人もいます。確かに、就活に若い頃の投稿が影響する可能性もありますよね。

また、SNOWに代表されるような動画のフィルターも流行っているのも驚き。流行っているのは知っていましたが、その理由までは考えていませんでした。「盛る」のがいいようですね。このあたりの感覚がドンドン分からなくなってきている人は、おさえておいた方がいいですよ!

そして、タグでつながるという文化が根付いて来ているのも新発見。確かに、私のInstagramの投稿でそういった傾向も感じていました。時代に取り残される前に、しっかり追いつきましょう!!


著者名:天野彬
ページ数:384ページ
出版社:宣伝会議
発行日:2017/10/31
定価:1,800円+税

関連記事

ページ上部へ戻る