Recommended Book

共感PR 心をくすぐり世の中を動かす最強法則

「ジャポニカ学習帳」の表紙から虫が消えた。実はそのことをまったく知りませんでした。そして、そのニュースを作り、売上を増やした手腕。これは本当に凄いですね。仕掛けをした上岡さんが、その裏側を大公開!
メディアに出るためには、一般の人が知りたいニュースを作るのが一番。調査データだったり、ギネス記録の挑戦だったり、何かのイベントだったり。企業の中にはそういった種が実はたくさんあるのですが、見つけるのが大変なのです。
ニュース作りの視点『1.新規性』『2.優位性』『3.意外性』『4.人間性』『5.社会性』『6.貢献意義』『7.季節性』『8.地域性』が事細かに書かれているので、とっても参考になります。私もニュースを作るときにはほぼ同じロジックを使っています。ちなみに、目次を読むだけでもヒントが生まれる良書。
メディアに出ようと思ったら、逆算をすべきです。何がニュースになるか。どんな情報(写真を含む)だったらバズられるか。逆算して作るのがプロ。たまたま当たるのが素人。その差を考えて行動すべきでしょう。


著者名:上岡正明
ページ数:256ページ
出版社:朝日新聞出版
発行日:2017/1/20
定価:1,500円+税

関連記事

ページ上部へ戻る