Recommended Book

たった一言で人を動かす 最高の話し方

ついつい引き込まれてしまう……そんな話し方に変わります。この本では「間」に焦点を当てて、伝わる話し方を解説しています。アメリカのスピーチを聞いていても、一つ一つの言葉を丁寧に扱い、長い間をとっています。それが聴衆の心を引きつけます。
結婚式のスピーチでもそう、朝礼でもそう。やっぱり、間は伝わる話のキーになります。人は焦っていると早口になってしまったり、一息ですべて話してしまったり、話の区切れ目が無くなってしまったり。空白を恐れるあまり、ついつい音で埋めてしまいます。「え~~」「まあ」このようなフレーズはその典型。
本書では、流暢に話せば伝わるわけではないといいます。確かに、新人アナウンサーなどは、上手く読み上げているのにまったく伝わらない。セミナーや結婚式の司会でもそうですよね。上手く読んでいるなぁ~と思う人ほど、言葉が届かない。そのため聴衆は騒いだままになります。多少下手でもしっかりと間を取る方が届きます。伝えると伝わるは、大きく異なります。これはメールの研修でも、「伝えたからと言って、伝わるわけではない」と何度も伝えています。ぜひ、本書を参考に「間」をとってみてくださいね。間があることで、相手も考え、受け止め、咀嚼できます!


著者名:矢野香
ページ数:240ページ
出版社:KADOKAWA
発行日:2017/11/16
定価:1,400円+税

関連記事

ページ上部へ戻る