2018年4月

  1. 人工知能革命の真実 シンギュラリティの世界

    AI関連の本を読み漁って来ましたが、この本は本当に分かりやすいです。小難しい話は一切無く、身近な生活がどう変わるのかを予測して解説してくれています。2人の対談形式なのですが、お互いの考察がとっても面白いです。2045年の「シンギュラリティ」とは、そういうことだったんだ!と納得。

    続きを読む
  2. 人生を後悔することになる人・ならない人

    『嫌われる勇気』を読んだときと同じ感覚になりました。一冊読んだだけで、自分の人生と向き合わされた感じがします。そして「幸せ」とは何か?これについても考えてしまいました。本書の帯には『人に見せるための生き方をやめなさい』とあります。

    続きを読む
  3. 最強の生産性革命

    本屋に行くたびに平積みになっていたので気になって購入。個人の生産性について書かれた本だと思ったのですが、国や組織、世の中全体の生産性について書かれた本でした。途中で気付きガッカリ(笑)でも、内容は非常に鋭く面白かったです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る