Recommended Book

しょぼい起業で生きていく

起業するというと、月収100万円とか、人を雇うとか、なんとなく拡大のイメージが強いように思います。しかし、生活するだけだったら、正直20~30万円で十分。本書ではそのような起業スタイルを「しょぼい起業」と称していますが、これはありですね。

著者の持つカリスマ性があったからうまくいったという考え方もありますが、一般の人にとっても難易度の低い起業法。リサイクルショップをやるとか、友達が集まるバーをやるとか。ある程度、情報発信をしながらであれば、十分成功する可能性があります。

よく考えたら、アイ・コミュニケーションのオフィスも、実践塾の会員さんが使ってくれる前提で、セミナールームつきの部屋にしました。その分家賃はかかっていますが、織り込み済み。周囲の人が使ってくれることを前提で、飲食店をやったり、スペースを持ったり。これからそういう時代になるのかも。

人と関わりたくないという時間もあれば、人と関わりたいという時間もある。この後者の時間を共有できるような起業スタイル。これは、純粋に面白いですね。同時に購入した『しょぼい喫茶店の本』もオススメです。こちらは、100万円の開業資金をTwitterで集め、一気に大成功する物語です。


著者名:えらいてんちょう
ページ数:238ページ
出版社:イースト・プレス
発行日:2018/12/16
定価:1300円+税

関連記事

ページ上部へ戻る