Recommended Book

When 完璧なタイミングを科学する

完璧なタイミングについて解説した一冊。そもそも「完璧なタイミング」というの存在するのか。こう疑問を持つ人が多いでしょう。完璧とまで言わないにしても、朝のほうが作業が進む。昼寝をすると効率がいいなど、自分なりに「いつやるべきか」を理解している人は多いはず。私は18時以降(翌朝まで)一切仕事をしません。それが生産性を高めると結論が出たからです。この「タイミング」について、一冊丸々解説している本は初めてです。

すべて事例や研究結果を基に解説しています。昼食をデスクでとると仕事の質が下がる。休憩直後の判決は寛容になる。昼寝をすると注意力が高まる。カフェインをとってから20分程度の昼寝をするのがベスト。30分以上の昼寝は逆に生産性を低くする。
また、物事を始めるベストのタイミングについても解説しています。中間地点で僅差だとそこで「ちょっとまずい」と考え後半で頑張り、逆転する可能性が高い。まさかちょっとしたタイミングでこんなに結果が変わるとは正直驚きました。

久々に、重ための本を読んだなぁという印象ですが、一番の気付きは「タイミングは大事だよね」っていう基本的なこと。あまり研究結果に引きずられず、自分のタイミングを計ってくださいね。


著者名:ダニエル・ピンク
ページ数:317ページ
出版社: 講談社
発行日:2018/9/6
定価:2,200円+税

関連記事

ページ上部へ戻る