Recommended Book

1分で話せ

人前で話すことが多いので、どうやったら伝わるかを考えます。講演でも、ちょっとしたスピーチでも同じです。そこで話をした意味をどうやったら残せるか。そこに爪痕を残すためにはどうしたら良いのか考えます。本書は、賛否両論(当たり前のことばかり書かれているなど)あります。しかし、その当たり前のことが出来ていないから、人に伝わらないのです。

時系列に話すのではなく、結論から話す。これが報告をするときには求められます。メールも同様です。時系列に結論が分からないように話すのは、話を盛り上げるときくらいでしょう。ビジネスの現場では「何を論点に話しているのか」を常に明確にし、目的を見失わないようにする。たったこれだけ理解するだけで、もっと伝わるようになります。

本書では、話す「型」以外にも、話せるようになるためのメンタルについても触れられています。こんなことを言ったら迷惑を掛けるのでは?と考え、言うべきことを言えてない。そのような人には、参考になるはず。話し方を教える立場としては、定期的にチェックしたいと思える良書でした。


著者名:伊藤羊一
ページ数:240ページ
出版社: SBクリエイティブ
発行日:2018/3/14
定価:1,400円+税

関連記事

ページ上部へ戻る