Recommended Book

新装版 未来をつくる起業家 ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~

2015年の本ですが、刺激的な一冊でした。私は個人事業の延長線上で会社を作っています。そのため、いきなり大きくなることはありませんが、リスクはほぼありません。しかし、本書に出て来る人たちは、たくさんのリスクをとり、数億の資金調達をし、事業を売却したり、新しい事業をいくつも立ち上げたり。いわゆる「起業家」ってこうなんだなぁ~と気付かせてくれます。読んでいてワクワクする反面、資金が底をつき書けた話を読むと、やっぱり辛いなぁ~と思ったりします。自分が知っている、あのサービスはこんな苦労があったんだ。え?この本に出た会社は、もう倒産しているぞ!など面白い発見もありました。

情報をイメージして起業するなら、この本は読んでおいた方がいいです。3~4年くらい前の本なので当時と今を比較するのもオススメです。そして、情報する人は「初めからそのような場にいる」というのが実感。大学生の頃からベンチャーでアルバイトをしていたり、有名経営者から目を掛けてもらっていたり。やっぱりそのような「場」にいるのって大事なんだなぁ~と改めて思いました。


著者名:ケイシー・ウォール
ページ数:304ページ
出版社: クロスメディア・パブリッシング
発行日:2015/11/2
定価:1680円+税

関連記事

ページ上部へ戻る