Recommended Book

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

賛否が分かれる本ですが、個人的には面白いなぁという印象。田端さんの名前を知らなくても、リクルートでR25を立ち上げた人と言われたら思い出すかもしれません。その後、ライブドア、LINE、ZOZOへ転職。すべて相手から来てほしいと言われて、会社を転々としています。その場その場で圧倒的な成果を出していく姿は凄いですよね。

かなり言葉が過激な本なので、多分読んでいる人のほとんどが不快になります(笑)
しかし、ちょっと俯瞰して見ると、書いてあることは本質的で正しいことばかり。汗水垂らして働くのは意味が無いと書かれていますが、頑張って作った800円のラーメンよりも、200円のカップラーメンの方が美味しいこともある。努力ではなく、成果で評価をするというのは当然のこと。プロが「頑張った」ものは評価に値しないかもしれないけど、素人が「頑張って」作ってくれたラーメンなら評価できるかもしれません。いろんなことを考えさせられます。

この本は、アマゾンの書評がとにかくひどい。そのくらい人の感情を逆なでし、ネットでも大炎上。読んだ人が自分のことを指摘されたように思い「悔しい」と感じた結果かも知れませんね。


著者名:田端信太郎
ページ数:229ページ
出版社: 幻冬舎
発行日:2018/7/6
定価:1500円+税

関連記事

ページ上部へ戻る