Recommended Book

友だち幻想

人間関係づくりのことがよくわかる良書です。正直これは、ずっと保存して何度でも読み返したいですね。もともとは学生向けに書かれた本です。しかし、大人たちが大絶賛し、著者が亡くなった今でも売れ続けています。

昔は人との距離を詰めなくてはいけないと考えていました。どうやってグループに入ったらいいんだろう。パーティーでも声をかけないといけない。そう思い込んでいました。しかし、人との距離感は自分で調整すればいい。ある程度距離があっていいんです。どうしてもなじめないなら距離をおけばいい。無理して親密になる必要は無い。親密、敵対関係以外にも態度保留と言う状態があるのですね。

本書のタイトルである『友達幻想』。友だちとは、自分のことを100パーセント受け入れてくれる存在。そんなのはただの誤解です。他者である以上は、どこかで違いがあるものです。それを理解した上で共存する。そういう考えも重要。どんなに親しくなっても他者は他者。これがわかっていればいつか別れが来るかもしれない。相容れることのない相手との出会いがあっても動じなくなります。何度でも繰り返して読みたい本ですね。オススメです!


著者名:菅野仁
ページ数:156ページ
出版社:筑摩書房
発行日:2008/3/6
定価:740円+税

関連記事

ページ上部へ戻る