Recommended Book

マーケット感覚を身につけよう

マーケット感覚が無いと間違った選択をする可能性があります。

自分は○○の資格を取ったから、これから食いっぱぐれるはずがない。この考えはただの希望であり、マーケットを正しく捉えていません。弁護士資格だってすでに危ういものになっています。AIが過去の判例を正確に引っ張ってくるようになれば「知識」や「情報」は万人のもの。大量の判例から、必要なものを出してくれるため、業務効率が格段に向上。結局末端までは仕事が回らなくなります。もっと訴訟が当たり前にならない限り、仕事が減る可能性があります。

すべてにマーケットが存在し、その中に需要と供給のバランスがあります。既得権益にしがみついていただけの人は、マーケットを脅かす存在に気づかないふりをし、最後は茹でガエルのようになっていくかもしれません。
自分が苦手としていた市場、見ないふりをしていた市場。そういったものに目を向け、自分のライバルは誰なのか、どんな市場で自分が取引をされているのか。その市場がどのような変わるのか。冷静な目で判断をする必要があります。

ものの価値を正確に判断する力を養うべき。それもマーケット感覚の一つです。バランス感覚を持った起業家になるため、本書は必読書と言えるでしょう。


著者名:ちきりん
ページ数:280ページ
出版社:ダイヤモンド社
発行日:2015/2/20
定価:1,500円+税

関連記事

ページ上部へ戻る