着実に売上げを伸ばすノウハウを知りたいなら、ビジネス実践塾

ビジネス実践塾

お電話でのお問い合わせは

TEL 03-5577-3237

(平日9:00~18:00)



No.07

取材の裏側を大公開
会員さんとの対談

  

本商品の販売は終了いたしました。

マスコミ関係者さんとの対談の収録に成功しました!

BIG TOMORROW、プレジデント、ダイヤモンドをはじめ
一流ビジネス誌の多くに原稿を書いている方です。
その方が、どうやって記事が出来上がるのか?
どうやって取材先を探しているのか?

そのノウハウをお話して下さいました。

1月号は、新年特別号として、2名の対談をお届けします。

本当は、DISC#02にある対談で1回分の教材として、お届けしようと思ったのですが、編集をしてエッセンスを抜き出して70分のCD1枚に詰め込みました。

しかし、実際に対談したのは、120分です。

面白い話も時間の関係上かなりカットしています。

そのため、ご購入の会員様にはMP3バージョンとして、ノーカット版をダウンロードしていただけるように致しました。
(ダウンロード用URLは商品にお付けしますね)

特典のダウンロード版には、さらに・・・・

コンテンツを出すタイミングをこう考えている
会員制ビジネスをやる際の質のコントロール
ビジネス実践塾のネタが切れたら
これからのビジネス実践塾をどう拡大するのか
平野はここを狙って仕事を取っている
商品にメールサポートをつけても使う人は○%
業務提携で失敗から学んだこととは
完全成果報酬の仕事で見えたこととは
支払がないクライアントから学んだこと、その対応。

収録している内容

  • 雑誌の企画が生まれるまで
  • 誰を取材するのかはこう決まる
  • 記者は○○図書館で情報を収集する
  • マスコミ関係者とのコミュニケーションの取り方
  • こうやってプレスリリースを送ったら喜ばれる
  • リリースはメールがいいの?それとも電話?
  • マスコミは取材先にこうアプローチしている
  • この人は、取材先から除外される
  • ブラックリストに入らないためには
  • 実績が○○な人は、取材されない
  • メディアは取材対象者のこの情報を見ている
  • 取材を受けたら○○を捕まえろ!
  • 年間の特集記事をこう予測する
  • 現在の取材トレンドをこう掴む
  • これから取材を受けるには、こうすれば良い

もう1枚は、会員ナンバー15番の長谷川設備工業の長谷川さんとの対談となります。
収録されている主な内容ですが・・・

  • 自社で持っている宝になる情報とは?
  • 無償の情報提供でコミュニティを
  • サイトは自分で作る、それともプロに任せる?
  • これから情報発信をする人が知ったほうが良いこと
  • サイトごとにブランドを意識する
  • 大手企業と業務提携をする方法
  • 新規事業に取り組む時間をこう作る
  • 既存の枠をはずしてビジネスチャンスを見る方法
  • 複数のビジネスを所有してリスク分散を
  • 世の中が求めているこれからの「情報」とは

プロフィール

平野友朗(ひらのともあき)

平野友朗(ひらのともあき)

ビジネス実践塾 主宰
株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役
一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事

1974年生まれ。北海道札幌市出身。筑波大学人間学類(認知心理学専攻)を卒業後、広告代理店勤務を経て独立。アイ・コミュニケーション代表取締役。一般社団法人日本ビジネスメール協会代表理事。ビジネス実践塾主宰。日本で唯一のメルマガコンサルタント、ビジネスメール教育の第一人者としても知られる。

メルマガ黎明期より、その可能性にいち早く気づきノウハウを体系化する。商品化されたビデオ「メルマガのノウハウ」は単価1万2,000円にも関わらず、半年間で800本を販売。シリーズ3,000本以上を売り上げる。数々のオピニオンリーダーのメルマガ発行をサポートし、影響力あるメディアに育てあげた実績を持つ。

得意とする分野は、ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メールのマナーやルールの解説、メールコミュニケーションの効率化やメールの処理時間短縮などの業務改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。クライアントは、日本全国の企業、士業コンサルタント、官公庁から学校や団体まで幅広く、その数は5,000を超える。

ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げる。開発した教育プログラムによって、メールによる業務効率化やメールの処理時間削減を実現する個人や企業が続出。公開セミナーや集合研修、通信教材やeラーニグを通じて、ビジネスメール教育を提供。2013年に、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に送り出している。

「流れのない販売方法は売れない。売るのは仕組み!」というポリシーのもと、ビジネスモデルの構築や見直し、メルマガの発行から改善、集客施策の策定、販売戦略の構築、メディア戦略など、そのアドバイスは多岐にわたる。業種業態から瞬時に「ビジネスの流れ」と「数字」が読めるため、経営者や起業家から「短時間で的確なアドバイスがもらえる」と好評。

メルマガの発行・改善アドバイスをするなかで「メルマガだけでは成功できない。成功するためには、サイトの見直し、ビジネスモデルの見直し、ブランド構築が重要」と考え、2007年の7月からビジネスでの成功をトータルでサポートする通信教育事業「ビジネス実践塾」を開始。平野友朗自身の起業家としての活動から法人化への道のり、事業の多角化で蓄積したビジネスノウハウを提供中。「年商1億円、粗利3,000万円のビジネスモデル構築」を目指す方を対象に、必要なノウハウや経営情報を提供中。「経営者のブランド構築は、メディア戦略の一つ」と位置づけ、大手出版社と共同で出版プロジェクトを実施するなど、ベストセラー作家の誕生にも携わる。

自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。

著書は『ちょっとの工夫で仕事がぐんぐんはかどるビジネスメール術―仕事ができる人がやっている43のルール』(主婦の友社)、『お客様から選ばれるウェブ文章術』(日本実業出版社)、『「始めてみたけど効果がない」と思っている人の「やり直し」のメルマガ営業術』(ダイヤモンド社)、『走りながら考える仕事術!』(日本実業出版社)など合計22冊(翻訳本2冊を含む)がある。

 

  
▲ページ上にもどる

Copyright(C)2008- I-communication Inc.All Rights Reserved.