着実に売上げを伸ばすノウハウを知りたいなら、ビジネス実践塾

ビジネス実践塾

お電話でのお問い合わせは

TEL 03-5577-3237

(平日9:00~18:00)



No.56

平野友朗の仕事術
平野友朗の整理術・時間管理術

実践サイクル(理解/販売)

本商品の販売は終了いたしました。

ビジネスモデル

ブランディング

売り上げアップ

インターネット

仕事術

出版

セミナー・講演

アイデア作り

平野友朗の仕事に対する考えを、「仕事術」「整理術」「時間管理術」のテーマに分けて解説します。


  
教材No.56

CD2枚組

解 説

発売月

2012年2月

パッケージ内容

CD2枚組(DISC1 50分 DISC2 48分)
教材ガイド(2枚)

「平野さん、どうやって仕事を管理していますか?」
「平野さん、情報や物をどうやって整理していますか?」
「平野さん、どうやって時間のやりくりをしているんですか?」

これらは、平野友朗がよく聞かれる質問です。

いくつもの事業を展開し、一日に200通以上のメールを受信し、日本全国を駆け巡っている平野友朗は一体どんなワークスタイルなのか?

平野友朗が試行錯誤しながらたどりついた仕事に対する考えを、「仕事術」「整理術」「時間管理術」のテーマに分けて解説します。

「ゴールを決めて仕事をすると、その範囲内で仕事が収まる」と平野は言います。

限られた時間と資源を最大限に活用して、最高の仕事をするための秘訣とは?

  • やり過ぎなどの過剰品質を避けてスピードを重視
  • 好きな仕事こそ手放して人に仕事を任せる
  • 管理するものを減らして選択と集中をする

潔いくらいシンプルで無駄がない仕事術。
平野の仕事グッズも紹介します。

効率的に最大の効果を生み出す平野の仕事術をお届けします。

収録している内容

試聴(MP3)

音声を是非お試し下さい。

5分00秒

平野友朗の仕事術(50分)

  • 平野友朗1日のスケジュール
  • 目指すゴールは明確に
  • 移動時間の活用法
  • 仕事の優先順位の付け方
  • 人に任せる勇気
  • 愛着のある仕事こそ手放す
  • 常にリターンを意識する
  • 苦手な作業をどうするか
  • 制約のある環境が自分を育てる
  • 求められている品質を知る
  • 過剰品質を避ける
  • 期限の決め方
  • 完璧を求めすぎない
  • 仕事は段階的に着手
  • 仕事はパズルのピース
  • 収益性の高い仕事に集中する
  • 仕事をアウトソーシングするコツ
  • 自分の時給をしっかり考える
  • 外注費<時給なら外部に任せる
  • あなたがすべき仕事、あなたでなくてもよい仕事
  • 複数の仕事を同時に進めるコツ
  • Googleカレンダー活用術
  • 業務管理はGoogleを使い倒す
  • 業務を細分化する
  • 朝一番に今日中にやることリストをつくる
  • いますべきこと、いましないことの境界線
  • フォルダの整理は4階層まで

平野友朗の整理術・時間管理術(48分)

  • 「捨てる」ことから未来が開ける
  • 物を捨てる、物を減らすテクニック
  • 仕事がはかどる環境とは
  • 物は探さない
  • 平野友朗の仕事グッズ
  • ノートはとらない
  • A4クリップボードを徹底活用
  • 案件ごとにクリアファイルを作る
  • 探す時間を短縮するラベリングのコツ
  • 終わった案件の書類は処分
  • 進行中の書類のみ保管
  • 書類は検索できない
  • 管理するものを減らす
  • 裏紙は使わない
  • パソコンは2年に一回買い替える
  • データ管理はクラウドとローカルの二刀流
  • どこでも仕事ができる環境づくり
  • 増え続ける書籍の管理法
  • 必要最小限でビジネスをする
  • インプットはアウトプットありき
  • 月間30冊の本を読み続けるコツ
  • 情報の本質を見抜く
  • ひらめいたら即ストック
  • ステージを駆け上がるためのキーマン発見法
  • 出し惜しみをすると取り残される
  • 自分自身がブランドになる
  • 時間泥棒は罪
  • 衝動的な反応を減らす
  • 確率思考
  • 数字で考える
  • 成長の法則0.1%の成長を考える
  • 合格ラインの品質でスピード重視

プロフィール

平野友朗(ひらのともあき)

平野友朗(ひらのともあき)

ビジネス実践塾 主宰
株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役
一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事

1974年生まれ。北海道札幌市出身。筑波大学人間学類(認知心理学専攻)を卒業後、広告代理店勤務を経て独立。アイ・コミュニケーション代表取締役。一般社団法人日本ビジネスメール協会代表理事。ビジネス実践塾主宰。日本で唯一のメルマガコンサルタント、ビジネスメール教育の第一人者としても知られる。

メルマガ黎明期より、その可能性にいち早く気づきノウハウを体系化する。商品化されたビデオ「メルマガのノウハウ」は単価1万2,000円にも関わらず、半年間で800本を販売。シリーズ3,000本以上を売り上げる。数々のオピニオンリーダーのメルマガ発行をサポートし、影響力あるメディアに育てあげた実績を持つ。

得意とする分野は、ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メールのマナーやルールの解説、メールコミュニケーションの効率化やメールの処理時間短縮などの業務改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。クライアントは、日本全国の企業、士業コンサルタント、官公庁から学校や団体まで幅広く、その数は5,000を超える。

ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げる。開発した教育プログラムによって、メールによる業務効率化やメールの処理時間削減を実現する個人や企業が続出。公開セミナーや集合研修、通信教材やeラーニグを通じて、ビジネスメール教育を提供。2013年に、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に送り出している。

「流れのない販売方法は売れない。売るのは仕組み!」というポリシーのもと、ビジネスモデルの構築や見直し、メルマガの発行から改善、集客施策の策定、販売戦略の構築、メディア戦略など、そのアドバイスは多岐にわたる。業種業態から瞬時に「ビジネスの流れ」と「数字」が読めるため、経営者や起業家から「短時間で的確なアドバイスがもらえる」と好評。

メルマガの発行・改善アドバイスをするなかで「メルマガだけでは成功できない。成功するためには、サイトの見直し、ビジネスモデルの見直し、ブランド構築が重要」と考え、2007年の7月からビジネスでの成功をトータルでサポートする通信教育事業「ビジネス実践塾」を開始。平野友朗自身の起業家としての活動から法人化への道のり、事業の多角化で蓄積したビジネスノウハウを提供中。「年商1億円、粗利3,000万円のビジネスモデル構築」を目指す方を対象に、必要なノウハウや経営情報を提供中。「経営者のブランド構築は、メディア戦略の一つ」と位置づけ、大手出版社と共同で出版プロジェクトを実施するなど、ベストセラー作家の誕生にも携わる。

自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。

著書は『ちょっとの工夫で仕事がぐんぐんはかどるビジネスメール術―仕事ができる人がやっている43のルール』(主婦の友社)、『お客様から選ばれるウェブ文章術』(日本実業出版社)、『「始めてみたけど効果がない」と思っている人の「やり直し」のメルマガ営業術』(ダイヤモンド社)、『走りながら考える仕事術!』(日本実業出版社)など合計22冊(翻訳本2冊を含む)がある。

 

No.56

平野友朗の仕事術
平野友朗の整理術・時間管理術

教材No.56

CD2枚組

解 説

発売月

2012年2月

パッケージ内容

CD2枚組(DISC1 50分 DISC2 48分)
教材ガイド(2枚)

本商品の販売は終了いたしました。

  
▲ページ上にもどる

Copyright(C)2008- I-communication Inc.All Rights Reserved.