着実に売上げを伸ばすノウハウを知りたいなら、ビジネス実践塾

ビジネス実践塾

お電話でのお問い合わせは

TEL 03-5577-3237

(平日9:00~18:00)



No.68

平野友朗が教えるメルマガ必勝法2013

実践サイクル(集客/顧客化)

ビジネスモデル

ブランディング

売り上げアップ

インターネット

仕事術

出版

セミナー・講演

アイデア作り

メルマガコンサルタントの平野友朗が「読者が増える」「失敗しない」メルマガ発行法、活用法を解説します。

本商品の販売は終了いたしました。

関連教材「平野友朗が教えるメルマガ必勝法2015」が販売中です。
販売ページはこちら


  

メルマガ必要度チェック。
次の質問に一つでも当てはまる場合は、メルマガを活用することを強くオススメします。

  • 名刺交換しても、その後アプローチしていない
  • 使っていないリストがたくさんある
  • 集客から営業までが一貫していない

見込み客獲得に力を入れて、たくさんの方と名刺交換しても、その後アプローチしていなければ、そこで終わりです。
資料請求や問い合わせ、セミナー開催などでリストを集めても、定期的にアプローチしていなければリストは育ちません。

「電話をかけたり、訪問したりしたほうが良いことは分かるけれど、人手が足りなくて……」

それであれば、ぜひメルマガを活用してください。
メルマガは、人が動くことなく一斉にたくさんの方へ定期的にアプローチできる便利なツールです。

いま、メルマガの価値が見直され、マーケティング手段として再び注目を集めています。
メルマガを始めていないようでしたら、一刻も早く始めてください!
そうこうしている今も、ライバルはメルマガを使って集客し、営業を強化しているでしょう。

「メルマガをやっているけれど上手くいっていない……本当に効果あるの?」

それであれば、いまやっているメルマガ活用の方法を早急に見直したほうがよさそうです。
間違った方法で続けても効果は期待できません。逆に、あなたを嫌いな顧客を増やすことになりかねません。
だからこそ、一刻も早く正しい方法を取り入れるべきです。

メルマガは配信するだけでうまくいく。
そのような時代はとっくの昔に終わりました。

とりあえずリストを集めて、あとは一斉に配信すれば誰かしら反応があるだろう。
「数打てばどこかで当たる」なんて幻想です。

いま、成功している、上手くいっているメルマガの大半が「全体設計」と「リストのセグメント」を重視しています。
メルマガの目的を整理して、必要としている人に、必要とされている情報を、適切なタイミングで、適切な方法で、送っている。
だから、メルマガの効果がでています。

リストの獲得からリストのセグメント。
そして、コンテンツの書き方と送り方がポイントです。

今、さらに注目を集めているメルマガについて、平野友朗が成功するメルマガ発行方法を解説します。
メルマガ発行者が身につけておくべき実践ノウハウ。
よくある質問に答えるFAQ方式で解説します。

収録している内容

試聴(MP3)

音声を是非お試し下さい。
ビジネス実践塾がどのようなノウハウを提供しているのかが分かるはずです!

約5分

平野友朗が教えるメルマガ必勝法2013(前半、61分)

  • メルマガの効果を知ったら手放せない
  • ブログにはないメルマガの魅力とは
  • 3つのツールを使った成功パターン
  • 「メルマガは無くならない」と断言できる理由とは
  • メルマガから売り上げにつながらないのはなぜ?
  • メルマガの売り上げアップ方法
  • メルマガ発行の踏ん切りがつかない場合の対処方法
  • メルマガを日刊で配信するメリットとは
  • 影響力のあるメルマガの大半が日刊の理由
  • 名刺交換した人にメルマガを送ってもいいの?
  • 名刺交換した人が自発的にメルマガに登録する確率とは
  • メルマガの登録を増やすテクニック
  • 都道府県名、姓名、メールアドレスが入力必須の理由
  • メールアドレスの再入力欄が不要な理由
  • 懸賞を使った読者獲得について
  • すべてのチャネルからメルマガにつながる導線の引き方
  • アフィリエイトを使った読者獲得
  • メルマガで失敗する考え方
  • 読まれるメルマガのコンテンツを作る方法
  • 売り込みと情報提供の違い
  • ネタ切れにならない思考法
  • 読者を減らさない方法とは

平野友朗が教えるメルマガ必勝法2013(後半、57分)

  • まぐまぐ!を使うべき?
  • 脱・無料配信スタンドの流れ
  • 配信システムは何を使ったらいい?
  • 10の配信システムを使い分けているからこそ語れること
  • やりたいこと別オススメ配信システム
  • 配信システムの相場はいくら?
  • 安価なシステムを使うときの注意点
  • メルマガのクリック測定は使うべきではない
  • メルマガ会員と非会員に対する情報の出し分け
  • 士業コンサルタントが成功するメルマガ、失敗するメルマガとは
  • 冒頭の挨拶や編集後記に書くべきこと
  • 平野友朗流!選ばれる人になる理論
  • メルマガ成功3大法則~返報性、熟知性、希少性
  • メルマガで信頼関係をさらに強くするためにすべきこと
  • メルマガはどんなビジネスにも有効?
  • 読者からメルマガの感想をいただく工夫とは
  • メルマガとフェイスブックを連動させる方法
  • メルマガとステップメールの使い分けポイントとは
  • 継続率を高めるステップメールの活用法
  • ステップメールの最適な日数とは
  • ターゲット別ステップメールのベストな配信時間とは
  • メルマガを使ってビジネスで成功する手順の王道とは
  • メルマガにどのくらい労力をかけるべきか
  • 迷惑メールフォルダに入らないようにするには?
  • まぐまぐ!から独自配信へ移行するタイミング
  • 使いやすいデータベース管理方法とは
  • メルマガと動画の活用法とは

プロフィール

平野友朗(ひらのともあき)

平野友朗(ひらのともあき)

ビジネス実践塾 主宰
株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役
一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事

1974年生まれ。北海道札幌市出身。筑波大学人間学類(認知心理学専攻)を卒業後、広告代理店勤務を経て独立。アイ・コミュニケーション代表取締役。一般社団法人日本ビジネスメール協会代表理事。ビジネス実践塾主宰。日本で唯一のメルマガコンサルタント、ビジネスメール教育の第一人者としても知られる。

メルマガ黎明期より、その可能性にいち早く気づきノウハウを体系化する。商品化されたビデオ「メルマガのノウハウ」は単価1万2,000円にも関わらず、半年間で800本を販売。シリーズ3,000本以上を売り上げる。数々のオピニオンリーダーのメルマガ発行をサポートし、影響力あるメディアに育てあげた実績を持つ。

得意とする分野は、ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メールのマナーやルールの解説、メールコミュニケーションの効率化やメールの処理時間短縮などの業務改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。クライアントは、日本全国の企業、士業コンサルタント、官公庁から学校や団体まで幅広く、その数は5,000を超える。

ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げる。開発した教育プログラムによって、メールによる業務効率化やメールの処理時間削減を実現する個人や企業が続出。公開セミナーや集合研修、通信教材やeラーニグを通じて、ビジネスメール教育を提供。2013年に、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に送り出している。

「流れのない販売方法は売れない。売るのは仕組み!」というポリシーのもと、ビジネスモデルの構築や見直し、メルマガの発行から改善、集客施策の策定、販売戦略の構築、メディア戦略など、そのアドバイスは多岐にわたる。業種業態から瞬時に「ビジネスの流れ」と「数字」が読めるため、経営者や起業家から「短時間で的確なアドバイスがもらえる」と好評。

メルマガの発行・改善アドバイスをするなかで「メルマガだけでは成功できない。成功するためには、サイトの見直し、ビジネスモデルの見直し、ブランド構築が重要」と考え、2007年の7月からビジネスでの成功をトータルでサポートする通信教育事業「ビジネス実践塾」を開始。平野友朗自身の起業家としての活動から法人化への道のり、事業の多角化で蓄積したビジネスノウハウを提供中。「年商1億円、粗利3,000万円のビジネスモデル構築」を目指す方を対象に、必要なノウハウや経営情報を提供中。「経営者のブランド構築は、メディア戦略の一つ」と位置づけ、大手出版社と共同で出版プロジェクトを実施するなど、ベストセラー作家の誕生にも携わる。

自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。

著書は『ちょっとの工夫で仕事がぐんぐんはかどるビジネスメール術―仕事ができる人がやっている43のルール』(主婦の友社)、『お客様から選ばれるウェブ文章術』(日本実業出版社)、『「始めてみたけど効果がない」と思っている人の「やり直し」のメルマガ営業術』(ダイヤモンド社)、『走りながら考える仕事術!』(日本実業出版社)など合計22冊(翻訳本2冊を含む)がある。

 

No.68

平野友朗が教えるメルマガ必勝法2013

本商品の販売は終了いたしました。

関連教材「平野友朗が教えるメルマガ必勝法2015」が販売中です。
販売ページはこちら

  
▲ページ上にもどる

Copyright(C)2008- I-communication Inc.All Rights Reserved.