長野ゆかさん

特定の分野だけでなく、広く、そして「深く」ビジネスノウハウを知りたいという方には、本当におすすめですね。
「オフィスミカサ」代表 整理収納アドバイザー1級認定講師・オフィスファイリングコンサルタント
長野ゆかさん


ビジネス実践塾の会員が、実践塾をどのように評価しているのかをお聞きし、あなたに実践塾生の生の声を届けるインタビュー企画。
第9回は、元公務員で、現在は奈良を拠点に、整理収納アドバイザー1級認定講師として、同業者のビジネス支援や、企業に対する業務効率化に従事されている長野ゆかさんが登場です。長野さんは、私が理事を務める「一般社団法人日本ビジネスメール協会」の認定講師でもあり、その説明会にお越しいただいたときからのご縁。そんな長野さんは、なぜビジネス実践塾に入会しようと思い、それからどのような成果を実感されているのか。詳しくお聞かせいただきました!

片付け苦手な公務員主婦が、整理収納アドバイザーで独立。現在は自治体から引っ張りだこの、大人気研修講師に!

最初に、自己紹介をお願いします。

現在は、「整理収納アドバイザー1級認定講師」と、「オフィスファイリングコンサルタント」という、2つの肩書きでお仕事をしています。
「整理収納アドバイザー1級認定講師」は、整理収納アドバイザー1級の資格を習得された方が、資格を活かしてスムーズにビジネスを展開できるよう、集客などを支援していくお仕事です。そして「オフィスファイリングコンサルタント」は、整理収納アドバイザーとして学んだノウハウを、企業の社内整理に活用することで、業務効率改善を叶えるお仕事です。

今でこそ、整理収納をビジネスにしている私ですが、もともとは片付けがとても苦手だったんです。仕事と子育てを両立させると、片付けにまで気が回らなくて。それが原因で、主人と泣きながら言い争いをしたこともありましたね(笑)。
そんな「片付けができていない自分」を認められず、自分のやりたいことが一切手付かずになってしまい、この状況を脱したい!という気持ちが強くなり、整理収納アドバイザーの資格を取得したのです。以前までは、公務員との二足の草鞋でしたが、整理収納に困っている方の支援をしたいという気持ちが強くなり、退職して独立をしました。

最近のビジネスで、ホットトピックがあれば教えてください!

日本経営協会さんや、商工会議所さんから講演の依頼をいただき、今後は自治体向けにも、ビジネスがどんどん広がりそうです!
きっかけは、どちらも私のホームページを見てくださったことなのですが、私が役所出身で、かつ色々な企業で研修をしているという実績を評価していただき、ご依頼に繋がりました。私は現場での経験もあるので、「この人だったら、机上の空論ではなく、現場目線での話を聞けそうだ」と、思っていただけたようです。

驚いたのは、日本経営協会さんも、商工会議所さんも、30名枠で参加者を募集したのですが、募集開始1週間程度で、どちらも満席になったことです!とくに、商工会議所のほうは、参加費が36,000円と高額なのに、この速さで席が埋まり、担当者さんも驚かれていました。反響もかなり良く、どちらも2回目の話も進んでいますので、今後の展開が楽しみですね。

公務員時代に、抱えていた悩みを解決するため、ある講座へ。そのコンテンツを開発されていたのが、平野さんでした

平野と出会ったきっかけを、教えてください。

平野さんに初めてお会いしたのは、一般社団法人日本ビジネスメール協会が開催されていた、認定講師講座の説明会のときですね。
まだ公務員時代の話ですが、私は情報システム部門という、メールでのやりとりが非常に多い部署に所属していました。そのため、後輩からも、メールに関するマナーやルールを聞かれることはよくあったのですが、的確に答えられている実感はなくて。この部署にいるのに、これじゃだめだよなぁ、と思い、ビジネスメールを教えている講師の方を探し、勉強しに行ったのです。京都でウェブ関係や、メールに関する知識を教える講師をされている方を見つけ、早速申し込みをしたのですが、その方がたまたま「一般社団法人日本ビジネスメール協会」の認定講師の方でした。

講座のカリキュラムが非常にいい内容だったので、このコンテンツを作られた方はどんな方だろう?と調べた時に、平野さんのことを知りました。それで、メルマガにも登録をして、毎日読んでいる中で、認定講師になりたい方向けの説明会が、大阪で開催されるという情報をキャッチしたんです。講師として、このコンテンツをお伝えする立場にも興味がありましたし、何より平野さんにお会いしてみたかったので、すぐに説明会に申し込みました。

私(平野)にたいする最初の印象は、どうでしたか?

一言で言うと、「ものすごく遠くにいる、すごい人」という印象でしたね。
みなさんよく、平野さんとお会いしたときに、「馴染みやすい人」「穏やかな方」とおっしゃられるのですが、当時は私も非常に緊張していましたし、何せ私の周りに、ここまで本を出版されている著者の方もいなかったので、まるで芸能人を目の前にしているような感覚でした(笑)。その時は説明会なので、一対多の場でしたが、その後の個別相談に参加した日は、「こんなにすごい方が、私のために1時間も時間を取ってくださるなんて!」と、朝からずっと緊張しっぱなしでした。

個別相談で、初めてじっくりお話をさせていただいたあとの印象は、「とても誠実な人」。
当時は、こうしたセミナーや個別相談の後に、バックエンド商品を紹介されるなんてことも知らなくて。普通だったら、何も知らずに高額商品を勧められると、「騙されるんじゃないか」と疑ってしまうと思います。しかし、平野さんは、認定講師がもらえる報酬や、その内訳、そして教会のビジネスモデルまで、全て包み隠さず教えてくださいました。質問への返答も的確でしたし、話の理論が全く崩れていなかったので、「この人だったら、信頼できる!」と思えましたね。

ちなみに、平野さんに対して、みなさんと同じく「親しみやすい」「穏やかな人」と思えるようになったのは、ここ2年ほどの話。私が極度の緊張しいなだけで、平野さん自身は、とても温厚で親しみのある方なので、そこは勘違いしないでくださいね(笑)。

個人のブランディングの要は「レスポンスの速さ」。クライアントからの信頼度は段違いに上がりました

長野さんが、ビジネス実践塾に入会した理由は何でしょうか?

公務員から個人事業主になる上で、長くビジネスを続けるために、自分の信頼レベルを高く維持する必要があったからです。
公務員時代は組織人として、たくさんの人と関わるので、仕事のスピード感や質を高く維持できていたのですが、独立するとなったとき、制約や監視の目もなくなるので、そのレベルを維持できる自信がありませんでした。しかし、公務員という看板がなくなり、個人としてビジネスをしていくのであれば、お客様への対応の素早さや、対応の質の高さからなる「信頼レベルの高さ」を維持できないと、私という人間の信用に、ヒビが入ることになります。それが、自分のブランドの低下、そして、ビジネスマンとしての生きづらさに直結することは、容易に考えられること。だからこそ、高い信頼レベルを維持する必要があったのです。

私が所属する「一般社団法人日本ビジネスメール協会」は、メールでの問い合わせも返信が早く、電話の対応も非常に丁寧で、いつもそれに感動していました。そんな協会の運営は、平野さんが経営する株式会社アイ・コミュニケーション。つまり、協会の対応は、平野さんの対応力のエッセンスからきている、ということです。
ビジネス実践塾は、そんな平野さんの経験やビジネス思考、そして仕事術を学べるということを知り、「私もここに入会すれば、信頼レベルを高く維持するための、仕事術が学べる!」と期待して、入会しました。

ビジネス実践塾の会員だからこそ得られた成果などはありますか?

平野さんの仕事術を学ぶことができるので、期待していた「高い信頼レベルの維持」は、維持どころか、さらなるレベルアップにも成功し、それが私自身のブランディングにも繋がっています。

ビジネスの世界では、「忙しい人ほど、レスポンスが早い」と言われていますが、たしかに平野さんは、レスポンスが本当に早い。毎日150通以上のメールをこなされているにも関わらず、最速なら5分ほどで、メールのレスポンスが返ってきますからね。それが私の中で、平野さんへの信頼に繋がっていると実感しているからこそ、私もお客様から信頼されるために、レスポンスの速さを意識し続けることができています。平野さんのように、とてつもなく忙しい方ができているのに、私ができないでどうする!と、自分に喝も入れられますね。

現在、私が運営しているLINE@には、800人を超える登録者がいて、私が1度発信をすれば、2、30人ほどから返信が届きます。それに対し、通常時なら2時間以内、忙しくとも8時間以内に、全員に対して返信することができているのは、ビジネス実践塾の中で、平野さんの仕事術を学び、身に付けられたからこその成果です。それが私のブランディングにも影響され、おかげさまで多くのお客様から、信頼いただけていると実感できています。

また、他のコンテンツに関しても、こんなにいろんな角度から、濃い情報を、この価格で提供してくださる方というのは、他にいないのではないかと思うほど、高い価値を感じていますね。
たとえば、「マーケティングだけ」「マネジメントだけ」について、濃い情報を届けてくれるオンラインコミュニティはたくさんありますが、平野さんはその他にも、「出版」「セミナー・公演」「仕事術」、そして会員へのコンサルティングの様子も、公開してくださいます。正直、半年で30万円や50万円ほどする高額塾でも、講師のノウハウを、ここまで出し惜しみなく共有してくださるコミュニティは、見たことがありません。特定の分野だけでなく、広く、そして深くビジネスノウハウを知りたいという方には、本当におすすめですね。

地味でも、安定的に、自分のビジネスを長く続けていきたい。そう思われている方に、ビジネス実践塾はおすすめです

ビジネス実践塾は、どのような人にオススメですか?

お客さまとの間に、きちんと信頼関係を築き、自分のコアなファンを作ることで、ビジネスに安定感を取り入れたいと思っている人におすすめです。
ビジネス実践塾で学べるノウハウは、平野さんが10年以上、安定的に会社を経営されてきたエッセンス。それは、たった1ヶ月で、何百万円も稼げるものでもなければ、自分が起業家として、どうすれば目立ち、羨まれ、成功者に見えるか、を知れるようなものでもありません。そのため、一瞬で楽して儲けたい!とか、自分がまず成功したい!というような、ギラギラした野望をお持ちの方は、思ったコンテンツを手に入れることはできないでしょう。

そうではなく、ビジネスに携わる者として、いかにしてお客様に貢献し、成果を出していただくか。それを第一に考えられる方、そして、100人との短期的な関わりよりも、1人との深い関わりを持ちたい。そう思われている方にとって、ビジネス実践塾のコンテンツは、非常に役にたつはず。平野さんご自身が、そうした派手な煽りをするような方ではなく、地道に、誠実に、自分の地位を築かれていた方ですし、実践塾にいる会員の方もまた、その方針に賛同した素敵な方ばかりが集まっていますからね。

長期的な視点を持ち、まずはクライアントに成果を出していただき、その貢献によって自分のビジネスステージをあげたい。そう思われている方はぜひ、ビジネス実践塾に入会し、私たちの仲間になってくださいね!

最後に、ビジネス実践塾の入会に迷っている方へ、一言お願いします!

正直、こうしたオンラインコミュニティやコンテンツは、誰が何と言おうと、本人が体験してみないことには、良さは伝わりきらないでしょう。だからこそ、ビジネス実践塾に入会して、実際にその良さを、あなたに体感していただきたいと思っています。

ビジネス実践塾は、誰でも気軽にそのコンテンツを体感していただけるよう、1カ月からでも利用することができます。入会・退会の申し込みは、全てウェブ上で完結するので、合わないと思ったら初月内で退会すればいいですし、それに対してしつこい勧誘や、呼び止めをされることもありません。だからこそ、同じ価値観を持った仲間だけが集まる仕組みになっているので、賛同していただければ、志が同じ、濃い繋がりを期待できる仲間と出会えるでしょう。

早く成果を出すことよりも、長く安定的に、今のビジネスを続けていきたい。
もしあなたが、そのように思われているのであれば、そのためのチャンスは今、何のリスクもなく、掴むことができる状態にあります。あとは、あなたが試してみるかどうかのみ。ぜひ、そのチャンスを手に取ってみてくださいね。

編集後記

回答
長野さんは、私からすると根っからの関西人。いつでも楽しそうに、たくさんしゃべっている。そんな印象です。その物怖じしない性格、楽しそうに話す雰囲気。それが、企業研修などにつながっていると思っていました。しかし、はじめはそんなに緊張していたとは……。インタビューの中で一番驚いたことです(笑)
3人のお子さんを育てながらも、ビジネスでも自分のポジションを作り、活動を続けるパワーに感服。ブランディングができ、本も出版し、企業研修も受注できている。私の思う「成功のモデルケース」に凄く近いです。

― member’s data ―

「オフィスミカサ」代表 整理収納アドバイザー1級認定講師・オフィスファイリングコンサルタント / 長野ゆかさん

ページ上部へ戻る