ビジネス実践塾

ビジネス実践塾は、

そう考えている方に向けた、コンテンツ提供型のサービスとなります。

自分でセミナー企画、出版、メディア露出、事業構築。
それらをすべてほぼひとりでやらなくてはいけない、士業、コンサルタント、IT系サービス、制作関連会社、10人以下の中小企業の経営者、将来独立を考えている方向けのサービスです。

ビジネスで成功するためには、日々改善。
改善をするためには、正しい情報収集が必要です。

「○○だけで成功できる」のような偏った情報に意味はありません。
バランスよく情報を集め、自分で吟味する。そして、改善を続ける。

それしか成功の道は無いと考えています。

ビジネス実践塾は、バランスの良い情報提供をモットーに2007年7月から136カ月続いているサービスです。支持してくださる会員さんが全国にいるからこそ、これだけ継続できています。

まずは、その情報に触れて欲しい。そして、あうかあわないかを判断して欲しい。
その一心で、初回からたくさんのコンテンツをご提供しています。

まずは、教材と特典音声を体感してください。

目次

  1. 主宰者・平野友朗からのメッセージ
  2. 毎月お届けする教材について
  3. ビジネス実践塾の会員限定9大特典
  4. 11月号の教材案内
  5. 会費とお支払い方法
  6. よくある質問とその回答
  7. 平野友朗から最後のメッセージ
  8. 会員様からの声

学び続け、実践し続ける。
ビジネス実践塾には、ビジネスに対して
真剣に取り組む人々が集まっています。

ビジネス実践塾とは

みなさん、はじめまして。
「ビジネス実践塾」主宰の平野友朗(ひらのともあき)と申します。

「ビジネス実践塾」は2007年7月から開始した、経営者対象の通信教育サービスです。すでに、10年(136カ月)以上続いている、会員制コンサルティングサービスです。 ご自身のビジネスを発展させるために、改善を意識し、実践を続ける経営者の皆様に、さまざまなジャンルから経営改善のコツやヒントを毎月動画でお届けしています。 もともとは、メルマガコンサルタントとして、メルマガに特化したアドバイスをおこなっていました。しかし、メルマガの発行・改善アドバイスをするなかで「メルマガだけでは成功できない。 成功するためには、サイトの見直し、ビジネスモデルの見直し、ブランド構築が重要」と考えたのです。 私は27冊の書籍を出版し、1,000回以上の講演、1000回以上のメディア露出を成功させてきました。この経験をすべてお伝えするのが、ビジネス実践塾です。これまでにご提供してきた教材は150種類以上。「なかなか続けられなくて……」という方も多いかもしれませんが、
「ビジネス実践塾」は入会した正会員の95%以上が継続するという継続率の高さを誇っています。

主宰者の平野友朗とは?(プロフィール)

1974年生まれ。北海道札幌市出身。筑波大学人間学類(認知心理学専攻)を卒業後、広告代理店勤務を経て独立。アイ・コミュニケーション代表取締役。一般社団法人日本ビジネスメール協会代表理事。ビジネス実践塾主宰。日本で唯一のメルマガコンサルタント、ビジネスメール教育の第一人者としても知られる。

メルマガ黎明期より、その可能性にいち早く気づきノウハウを体系化する。商品化されたビデオ「メルマガのノウハウ」は単価1万2,000円にも関わらず、半年間で800本を販売。シリーズ3,000本以上を売り上げる。数々のオピニオンリーダーのメルマガ発行をサポートし、影響力あるメディアに育てあげた実績を持つ。

得意とする分野は、ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メールのマナーやルールの解説、メールコミュニケーションの効率化やメールの処理時間短縮などの業務改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。クライアントは、日本全国の企業、士業コンサルタント、官公庁から学校や団体まで幅広く、その数は5,000を超える。

ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げる。開発した教育プログラムによって、メールによる業務効率化やメールの処理時間削減を実現する個人や企業が続出。公開セミナーや集合研修、通信教材やeラーニグを通じて、ビジネスメール教育を提供。2013年に、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に送り出している。

「流れのない販売方法は売れない。売るのは仕組み!」というポリシーのもと、ビジネスモデルの構築や見直し、メルマガの発行から改善、集客施策の策定、販売戦略の構築、メディア戦略など、そのアドバイスは多岐にわたる。業種業態から瞬時に「ビジネスの流れ」と「数字」が読めるため、経営者や起業家から「短時間で的確なアドバイスがもらえる」と好評。

 詳しいプロフィールは、アイ・コミュニケーションのウェブサイトで公開中

講演・研修(1,000回以上の実績があります)

講演のテーマは、メールマーケティング、ビジネスメール、営業、起業術、インターネットマーケティング、売れるHPの作り方、ビジネスメールの書き方など。年間120回程度の講演・企業研修を行っている。

主な講演実績は、味の素、アデコ、アンリツ、イッツ・コミュニケーションズ、伊藤忠商事労働組合(東京支部)、INAX、茨城日立情報サービス労働組合、SMBCコンサルティング、エプソン販売、兼六土地建物、セキスイハイム不動産、全国IBMユーザー研究会連合会、宣伝会議、東京ガス、TOTO、トッパン エムアンドアイ、日本ドナルドソン、公益財団法人日本電信電話ユーザ協会、博報堂DYメディアパートナーズ、パナソニック電工、パナソニック電工電路、みずほ総合研究所、三井住友海上火災保険、目黒区男女平等・共同参画センター、中小企業家同友会、商工会議所、国土交通省、大分県、青山学院大学、嘉悦大学、明治大学、東海中学校・東海高等学校、他(敬称略)。

著書(27冊の執筆実績)

起業後15年間で27冊の本を出版。 うち3冊は海外でも翻訳されている。
最初の著書は、2003年の10月発売。起業から半年後のスピード出版を可能にしたのは、「出版のルール」に対する情報と理解。その後も順調に新刊出版・重版を重ね、現在はメルマガ、ビジネスメール、仕事術、人脈構築術など多岐にわたるジャンルで執筆活動を行っている。

メディア出演実績(TV、ラジオ、雑誌など1,000回以上)

ビジネス誌や経済誌など、合計1,000回以上メディアに取り上げられる。ビジネス実践塾の教材でも、取材を受けるに至った経緯などのノウハウを公開。現在もそのノウハウを使い、毎月4~5回の取材を受けている。

私がビジネス実践塾を立ち上げた理由

ビジネス実践塾は「過去の自分が欲しがるだろうなぁ~。」 そう思ってはじめたサービスです。

コンサルタントとして、起業するとやるべきことが多すぎるのです。

など全部を自分で考えなくてはいけません。

本を読んだり、多額の広告を投じて実験をしたり。
とにかく試行錯誤の連続でした。

私も、知り合いのコンサルタントに意見を求めしたりしました。
しかし、そのどれもが腑に落ちないのです。

「平野さん、●●をやったらうまく行きますよ」

その通りにチャレンジしてみましたが、まったくうまく行きません。
こういった失敗が何度かあり、気付いたのです。

その人達は、ただ自分の土俵の話をしているだけなのです。

全部をまんべんなくバランスよく考える。
これがとにかく重要なのです。

特定のノウハウだけを学ぶだけでは、 成功の確率が低くなると思っています。

たとえば、

「YouTubeを使うとうまく行く」
「Facebook広告が流行っている」

という話を聞いて、マネをしたとします。

しかし、自分のビジネスを理解していないと何をやってもうまく行きません。

ビジネス実践塾では、いろんな情報をお届けすることによって自分のビジネスを常に見直して、点検してもらう。

この目的があります。

だからこそ、終わりは無く、136カ月続いています。
そしてこれからも続けていきます。

会員さんの中には、

など、多くの実績を持った人が生まれています。

そういった方も継続してくれています。

ビジネスには、ゴールがありません。
継続が前提です。

その継続するための改善点やヒントをご提供するのが
ビジネス実践塾です。

改善点が見つからないなら、そのときは継続する意味はありません。
また、実践する時間が無くなったら、そのときも卒業の時かも知れません。

時代の変化に対応できる応用力を身につける

コンサルタントという職業柄、常にアドバイスを続けてきました。いつも「この人が成功するために必要な要素は何だろう」と考え続けています。成功するパターンが知りたい。成功する要素を突き詰めたい。そのため、起業家や経営者と会う度にその要素を探してきました。


いろんな人を見ていると成功パターンが明確に分かります。
今まで15年間コンサルタントとして活動をしてきて重要だと感じること。

それは「自分のビジネスモデルしっかりと見つけ、特徴を打ち出し、ブラッシュアップを続けること。そして、時代の変化に対応できる形式をとり続けること。」です。

中には、たまたま成功した例もあります。しかし、時代性だけで成功した起業家というのは、時代が変わるとすぐにビジネスが破綻してしまいます。そうならないためにも「ビジネスモデル」をしっかりと構築しなくてはいけないのです。
経営者として長く続けていくための要素の一つは、「 仕組みを作りブラッシュアップすること」です。

ビジネス実践塾では、このような方が学んでいます。

毎月の教材は、経営のヒントになりますが、順番にこなす教材ではありません。
そのような商品が欲しい方は、起業スクールをオススメします。

ビジネス実践塾は、あくまでもご自分でヒントを見つけ改善をしていく。
そのレベルにいる人のための会です。

1年間の学習スケジュールは次のようになります。

1月ブランディング
2月ウェブマーケティング
3月メルマガ
4月公開コンサルティング
5月仕事術
6月PR戦略
7月お楽しみコンテンツ
売上から逆算してビジネスを作る
8月公開コンサルティング
9月出版
10月セミナー・講演
11月ビジネスモデル
12月公開コンサルティング

 ビジネス実践塾に登録する

毎月、新鮮で実践的な
さまざまな情報をお届けします。

毎月お届け01
再現度の高い、密度の濃いノウハウを提供します 動画セミナー

平野友朗が考えるビジネス実践サイクルに沿って毎月のテーマ(セミナー、ブランディング、マーケティング、出版など)を選定。3か月に一度の公開コンサルティングで実際のアドバイスのイメージをつかんでいただきます。

一年間で一巡するため毎年自分のビジネスのレベルアップをすることができます。
動画セミナーならではの視覚的な情報も大いにビジネスの役に立ちます。

毎月お届け02
平野のマーケティングノウハウ・エッセンスが満載 Jissen Jyuku Plus(実践塾プラス)

「Jissen Jyuku Plus(実践塾プラス)」は、28ページの冊子です。動画セミナーのエッセンスを抽出してビジュアル面からサポートするコーナーです。動画セミナーと併せて活用いただくとより理解が深まります。

「イチオシ書籍」のコーナーでは、毎月約30冊の本を読んでいる平野友朗が、会員さんのビジネス向上に役立つ何冊かを厳選して紹介しています。
多忙な日々の中で、本を選ぶ時間・ハズレを読んで無駄にする時間を減らし、効率よく 有意義な情報収集・インプットができます。

毎月お届け03
会員限定メールマガジン 『実践塾通信』

会員限定のメールマガジン「実践塾通信」では、オーディオセミナーや、Jissen Jyuku Plus(実践塾プラス)ではご紹介できない限定情報が満載です。 毎月教材のご案内や補足情報、平野友朗の活動報告などもお届けしています。毎月3~4回+α配信します。

「実践塾通信」では、平野友朗が実践しているビジネスの実情、実名や実数字を出した検証結果をお伝えすることがあります。
例えば、まぐまぐのクリック率は〇%、自社配信のメルマガのクリック率は〇%。売上高に粗利率、問い合わせ件数に受注率、 出版や取材がきた理由など、通常は公開されていない生の数字が見られるのはビジネス実践塾の会員さんだけです。


毎月の教材の他に
色々な限定特典がついています

今、ビジネス実践塾にお試し入会をすると…
会員9大特典がご利用いただけます!

特典
会員限定交流会

ビジネス実践塾では、朝会(東京で月に1回開催)、実践塾パワーアップミーティング、セミナー、交流会、食事会、大人の遠足などのイベントを毎月開催しています。 地方での活動も活発で、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、福岡、熊本は1年間に1回は訪問しています。

ただ親睦を深めるだけでなく、ビジネスの疑問や困りごとを会員同士で共有・解決する場を設けたり、テーマを決めてミニセミナーを行うことも。約8割の参加者がFacebookを利用して参加表明しているので、事前に参加者プロフィールがわかり安心です。

特典
限定facebookグループへの参加権

「〇〇について知りませんか?」
「〇〇できる人いませんか?」
「〇〇で集まりませんか?」

会員限定のfacebookグループをご用意しています。

この中で、同じ県のパートナーを見つけたり、詳しい人に質問をしたり、協力者を探したり、活発な交流が可能です。

facebookは実名制のため、相手のことを深く知るのにも有効です。会員の7~8割が登録済みです。

特典
平野友朗へメールで質問(無料)

メールやFacebookグループなどで、平野友朗に直接、質問ができます。

今まで受けた質問は…

「収録の時に使っているのは、どこのICレコーダーですか?」
「オススメのレンタルサーバーはありますか?」
「〇万円で出版しませんかと、お誘いがありましたがどう思いますか?」
「普段メルマガを書くときに、何をネタにしていますか?」

などなど。

私の頭の中に答えがあるものは、なんでもご質問ください。逆に「ウェブサイトを見てアドバイスをしてください」「出版企画書を見てください」の場合は、調べなくてはいけませんので、このような質問はお受けしておりません。
その場合は、対面のコンサルティングや電話相談をご利用ください。

特典
セミナールームが会員価格で利用可能

アイ・コミュニケーションのセミナールームが会員価格でご利用になれます。この立地で1時間2,700円~は、破格です!

平野友朗も毎日出社しています。
タイミングがあえば、雑談でもいかがでしょう?

  • 1時間3,000円~
  • 土日祝日も利用可能!
  • 5路線(JR、丸の内線、新宿線他)利用可能
  • 最寄り駅から徒歩1分!
  • プロジェクター、スクリーン完備
  • 20名収容可能
特典
メール配信システム初期費用無料

メルマガの専門家 平野友朗が30以上のシステムを試して、
最後に選んだのがこのシステム。

月額利用料は2,160円(3,000アドレス)から。
独自メルマガ配信のための基本的な機能を装備しており、初心者にも使いやすい管理画面が特徴です。

アイ・メールを正式契約後に、申請を行ってください。
初期設定費10,800円をキャッシュバックします。

特典
公開収録に無料で参加!

ビジネス実践塾の教材は、公開収録で作成しています。その月に1回の公開収録に無料でご参加いただけます。
公開収録終了時には、60分~90分ほどの質問タイムを設けています。その後の懇親会も楽しみの一つです。

特典
平野友朗へ電話相談(オプション)45分21,600円

平野友朗に直接電話で相談ができる、ビジネス実践塾会員だけの限定プランです。

「自社サイトを見て改善点を教えてほしい」
「出版企画書を見てアドバイスしてほしい」
「プロフィールの書き方を客観的に判断してほしい」
「ビジネスモデルに問題点がないか確認してほしい」
「自社の課題をざっくばらんに相談したい」

このようなちょっとした疑問点がすぐに解決できます。

ビジネスで突き当たる様々な壁を乗り超えるために
「信頼できる人に相談したい」「参考意見を聞きたい」と思った時にご利用ください。

特典
メルマガ広告掲載サービス

4万人の読者に対して、21,600円で告知ができます!

2003年から2013年12月まで配信していたメールマガジン「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」。
そのまぐまぐ!晩が「みんなのビジネス情報局」として生まれ変わりました。

ビジネス実践塾会員さんのみ、こちらの媒体への広告掲載が可能です。
以前は、号外号の配信を105,000円で受け付けていた広告枠です。

読者は、ビジネス層(経営者、広報担当者、ネット担当者、営業社員、企業を予定されている方など)が中心です。
主にメルマガを利用した、経営支援・集客・自己実現・ブランド化に興味のある方ばかりです。

成果報酬なども相談可能です

特典
書籍の告知協力

ビジネス実践塾の会員さんが出版した際は、弊社の媒体で優先的にご紹介いたします。

ジャンルによっては「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」
「みんなのビジネス情報局」(合計5万人)でも無料でご紹介可能です。

会員さんがAmazonキャンペーンを実施するときも、
できる限り応援いたします。

その他、平野友朗Twitter、facebook、会員向けにも告知をします。

登録後10分程度で教材の
コンテンツダウンロード(視聴)できます。
(土日・深夜でも手に入ります)

ビジネス実践塾2018年11月号の
動画セミナーはこちらです!!
数字で考えるビジネスモデル構築

私はコンサルティングをするときに「自分の事業を絵で描いて説明できるか?」と質問します。
すると多くの方が、「う~~ん」と悩みながら説明できないのです。

「たまたま、仕事の依頼が来た」
「たまたま、良いお客さんに出会った」

自分のビジネスの仕組みが説明できないということは、ただ、どんぶり勘定になっている可能性があります。この偶然を繰り返しているというのは、将来のリスクになるかもしれません。

ビジネスモデルができていないと、来月・来年の売上予測が立たず、顧客の予定に振り回され、打ち手が散漫になりがちです。
ただ労働時間を増やしても、生産性は上がりません。

だからこそ、しっかりと数字で考えたビジネスモデル=「仕組み」が重要です。

 ビジネス実践塾に登録する

会費とお支払い方法

月払い月額6,264円(税込み) クレジットカード
年払い 約34%お得
49,800円(税込み)
月額換算4,150円
クレジットカード
銀行振込
(内訳)月会費6,264円×12ヵ月=75,168円
年払い特典割引 ▲25,368円

※価格はすべて税込み表記です

よくある質問とその回答

質問

どのような方が、ビジネス実践塾に参加していますか?

回答

弁護士、社会保険労務士、中小企業診断士、弁理士、行政書士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、セミナー講師、コンサルタント、デザイン事務所、会社員、漁師・・・など多岐にわたります。年代は、30~50代の方が中心です。性別は、男性が7割、女性は3割程度です。

質問

コンサルティングが半額で受けられる特典が利用できるのは1回だけでしょうか?

回答

何度でもご利用いただけます。3カ月に1回程度ご利用いただき、ご自身のビジネスを定期点検にご利用いただく方もいらっしゃいます。ほとんどの方が、出版をしたり、新しいビジネスを立ち上げたり、大きな岐路についたときにご相談いただいております。

質問

なぜ、1カ月での退会でもOKなのですか?またそれができるのはなぜですか。

回答

一度でも試していただきたい、そのような気持ちがあります。試した上で、教材と相性が合わないというのであれば、それは仕方が無いと考えています。そのため、入会をし易く、退会もしやすい仕組みを作りました。これだけのコンテンツを作り上げるのには膨大な時間がかかっています。しかし、はじめは損をしても、後で利益になればいい。そのような信念のもと、ビジネス実践塾を運営しています。

質問

ビジネス実践塾に入れば成功できますか?

回答

申し訳ありませんが、これにはお答えのしようがありません。ビジネス実践塾は、よく見かける「楽して●万円稼ぐ」「片手間で年収1,000万円」のようなサービスではありません。あくまでも、ご自分の事業をお持ちの方で、しっかりとビジネスに取り組みたい。そのような方のための会です。成功の確率を上げることはできますが、成功を約束するものではありません。行動しなければ、現実世界は変わりません。自分の現実世界を変えられるのは、教材を聞いたご自身だけです。

質問

退会をした後にしつこい営業はないのでしょうか?

回答

休会中の方にも、ちょっとしたコンテンツをお届けするメルマガを月に2~3回配信します。そのメルマガも簡単に解除可能です。弊社から営業の電話をしたり、解除できないメルマガを送ることはございませんので、ご安心下さい。

平野友朗から最後のメッセージ

まずは、試して欲しい。
その一心で、これだけの教材や特典をご用意しています。

全てに値段をつけていくと、軽く10万円は超えるサービスです。

この信念ではじめたビジネス実践塾は、136カ月続いています。

とにかく1カ月だけでも試してみてください。

1カ月分の教材と特典音声を体感してください。

そして、困ったことがあったら、私にメールで相談をしてみてください。

あなたは、この決断だけで、平野友朗とのホットラインが手に入ります。

1カ月間、空き時間を見つけて教材を聞いてみてください
自分の事業に焦点が当たり、改善ポイントが見えてくるはずです。

facebookグループに参加をしたり、交流会に参加をしたり使い倒してください。
そして、受け取ったヒントをもとに事業の見直してください。

その成果が現れ、また翌月の改善も楽しみになるはずです。

投資した金額よりもリターンが少なければ、迷わず退会してください。
おそらく、このようなコンテンツとの相性が悪いのだと思います。

最後に、会員の皆様のコメントをご紹介いたします。
業種や年代も参考になると思います。ぜひご一読ください。

 ビジネス実践塾に登録する
会員様の声

こんな方たちが、実践塾を活用しています。
始めたきっかけや感想などを教えてもらいました。

株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ
代表取締役 横山信弘様

私が実践塾に入会して何年経ったかは忘れてしまいましたが、車にひとりで乗るとき、必ず聴いています。

ですからCD教材をカーオーディオに入れっぱなしにしておくと、妻や子どもから「また平野さんのCD聴いてたの?」と言われます。私にとって、それぐらい身近な存在ですね。

内容で一番参考になるのは、対談相手の苦労話です。起業家、経営者はみんな孤独ですから、試行錯誤を繰り返しながら今の成功があると聞くと、鼓舞されることが多いですね。

ダイヤモンド社から出版されている書籍「絶対達成」シリーズは10万部近く売れています。この出版のきっかけを作ってくれたのも、タイトルを考えてくれたのも平野さんです。もちろんこの実践塾がきっかけです。

起業家や士業、コンサルタントたちからすると、自分ブランドを確立させ、事業を成長させるうえでは秀逸なコンテンツが満載で、とてもお勧めできます。

株式会社ザッツ 代表取締役
闘う販促デザイナー 米満和彦様

自分自身の商売・ビジネスを進化・成長させていくためには「情報収集」が欠かせません。
その上で、平野さんが運営している「ビジネス実践塾」はとても有益な情報収集源といえます。

実は、入会当初は毎月送られてくるCDを聴く暇がなくて、常時、複数枚の未視聴のCDが貯まっている状態でした。
しかし、これを「車の中の移動時間中に聴く」と決めてからは、その悩みが一気に解消しました。
実は、それまでは、車での移動時間はほとんど音楽を聴いていました。あまり意味がありませんよね。
そんな無駄な時間を有効活用できるわけですから、ビジネス実践塾へ入会以降、情報収集の量が格段に増えました。

大切なことは「聞くタイミング(場所や時間帯)」を決めることだと思います。
毎日の生活の中には意外と無駄な時間帯があるものですから、これを有効活用できれば、自己のスキルアップにかなり貢献すると思います。

また、平野さんの取材先の選定も抜群です。
私たち中小企業経営者にとって、ピンポイントで有益な情報が送られてきます。
ここから多くのヒントを得ることができました。

そして最後に、ビジネス実践塾の最大のメリットが平野さんと仲良くなることができる点ですね。 実は、ビジネス実践塾入会以前も、平野さんとは親しくおつきあいしていたのですが、実践塾入会後は親密度がかなり高まりました。
平野さんは実践塾会員さんに対して真摯な態度で接してくれるので、ビジネスの相談に乗ってもらったり、コラボサービスを行なうまでに発展するこ とができました。

平野さんのブランド力をお借りする(笑)という点だけを考えても、ビジネス実践塾はかなり費用対効果の高いサービスだと感じております。
…ただし、平野さんのブランド力を悪用するようなことはありませんので、平野さん、これからもよろしくお願いします。

オーナーズビジョン株式会社
代表取締役 原田哲也様

平野さんは超実務的コンサルタントです。

平野さんを最初に知ったのは、現在の不動産コンサルタント事業を初めて3年目の頃です。
   自分にとっての「やりたいこと」や「方向性」は、はっきりとしていたのですが、そこに辿り着くまでの実務的な仕組みが全くと言ってない状況でした。

そんな中、ビジネス上の先輩経営者である西山雄一さんに「そういう悩みなら平野さんがピッタリですよ」と言われて、迷わずに「ビジネス実践塾」に入会させて頂きました。

初めてCDが届き聞いてみたら、「なんて実践的!」と感動したことを覚えています。
コンサルタントにも様々なジャンルの方がいると思っていまして、平野さんはその名の通り「超実践的」かつ「超実務的」な事をお話して下さる、貴重な存在です。

例えばvol.49の最強のプロフィールの作り方を聞き、自分のプロフィールを再作成しましたし、VOL85のメルマガよりより簡単ステップメール活用法なんて、超ピンポイントな内容で、タスクが増えすぎる程(笑)です。他にもたくさんあり、書ききれません。

その後実際にお会いさせていただき、個別コンサルティングをして頂いた時の、平野さんの「関わった方の成功の為に全力を尽くす」姿勢には本当に感動致しました。

目標や結果に近づくための具体的な方法を、細かく気づかせてくれる平野さんは、きっと私のように仕組み化が追いつかず、具体的にビジネスの流れを組み上げて行きたいと思っている経営者や経営幹部にピッタリです。

そして平野さんのフィルターを通して、対談されるそれぞれの専門家がまた素晴らしく、またまた世界が広がります。
ビジネス実践塾は、毎月定期的に音声とニュースレターが届きます。
移動中に学ぶには最適です。それを考えてか平野さんの音声データは1.5倍速も提供していて、私はいつもそれを聞いています。
そして、毎月届くたびに私の事業が一歩づつ進化し、それをクライアントにもフィードバックできています。
まずは一度聞いてみて下さい。オススメです。

松本知佐子様

実践塾に入会して、1年と5ヶ月です。 私自身は中小企業の会社員で、研修制度もなく、環境的に余り外部の人や事と接する機会がありませんでした。

そんな中、ビジネス実践塾の毎月の教材は視野を広げてくれる強力なツールとなりました。
入会する前は、上司から物事を俯瞰できていない事を指摘されており、また上司の考えを汲み取ることがしづらく悩んでおりました。 自分自身も成長して上のステップを目指すにも、どうしていいかわからない状況でした。

それを毎月の教材や、他の会員様を通して、経営者の広い視野、多くの視点、全体をとらえる力、そういった実例に触れる機会となり、間接・直接にそういう方々の意識を垣間見ることができる様になりました。 そして、見たことのあるものはイメージ出来る様になり、イメージできれば、いずれ自分自身も実行していける様になるのではないか、と非常に勉強させて頂いています。

具体的な教材の内容でも、例えその時関係ないな、と思っても、半年後にその知識が役に立ったり、蓄積され、別の機会にアイデアとして突然思いついたり、ということが起きています。

アイデア出しが苦手だ、創造力がないのだとずっとコンプレックスに感じていましたが、良質な情報にたくさん触れれば、アイデアは思い付くものだ、と思える様にもなりました。無駄になる教材はない、そう強く感じています。

しかも、毎月のテーマが、先取り的にその時々に適した質の高い情報を頂いていると感じます。 また、高い意識の方のお話を聞くことによって、考え方のレベルも引き上げて貰っています。毎月という積み重ねも、とても効果的だと思います。

更に、毎月の教材で継続的な刺激を頂けるだけでなく、懇親会やFacebookグループ、メルマガを通して、ステージの違う方との出会いがあります。

少し大げさかもしれませんが、(いや、大げさではないですね)実践塾に入会した事で考え方が変わり、行動が変わり、人生が変わり始めたと感じています。

メンタルチャージ インストアコミュニケーション研究所
代表 岡本文宏様

実践塾との出会いは、2008年に行われました出版コンテストがきっかけでした。
それまで、存在は知ってはいましたが、なかなか入会にまでいたる動機が自分の中には生まれてきませんでした。

でも、そのコンテストに参加するうえで必要な情報やスキルを、実践塾に入会すると色々と教えて頂けるとのことでしたので、これは、入会しないと入賞できないなと思いましたので...そんな不純な動機(笑)で入会したのがきっかけでした。

お陰さまで、2009年春に日本実業出版様より出版することができました。
※書籍名「もう人で悩みたくない!店長のための採る・育てる技術」

実践塾に入っていなければ、今の段階で著者になりビジネスを有利に展開できるスタンスに立てることはできていなかったかもしれません。

そう考えると本を出版できたことは入会したことにおいての凄い成果ということができます。

また、毎月送っていただくCD教材から得られる豊富で分厚い情報を手に入れることができるということも入会している上でのメリットとしては大きいです。

でも、私が感じる入会していることによる最大のメリットは、平野さん自身を含む、今、非常にホットであるといえる方々とお繋がりを持つことができるということです。

これは、他の会では、なかなかあり得ないことです。

正直、このことだけでも、入会する価値があるといっても過言ではありません。
実践塾に入塾したことで私自身の置かれている環境は大きく変化しました。

そのきっかけを作っていただいたことに、深く感謝をいたします。

そして、これからも、自分のビジネスを展開していく上でのビジネスツール、サポートシステムとして活用し続けていこうと考えています。

弁慶丸
河西信明様

私がビジネス実践塾を選んだ3つの理由。

1.「毎月届けられる教材の質が高い」という理由。 「今月の教材はイマイチだったなぁ~」と思う月が今までに一度もありません。起業家の成長に必要不可欠な情報コンテンツばかりです。また、何回も繰り返し聴く事によって、新たな気づきや発見が必ずあるほど、何年経っても普遍性のある錆びない教材ばかりです。

2.「入会している実践塾会員の質が高い」という理由。
私自身、実践塾会員のみなさんに個別にアドバイスを頂いたりして、非常に感謝しております。 お付き合いさせて頂いて、実に気持ちの良い方々ばかりです。ともに切磋琢磨し成長する同志の集まりです。「奪い合う」のではなく「わけ与える」事ができる希少な会です。

3.「平野友朗さんという優れたビジネスパーソンに人間的な魅力を感じる」という理由。
通常、こういうビジネス系の会は、主催する方のお客様層によって片寄りがでたり、色が付いたりすると思うのですが、このビジネス実践塾はどの色にも染まらず、澄みきった透明色の会だと思っています。平野さんが一歩先を歩いて下さり私たち会員の道案内をして下さるイメージです。

漁師である私が自社サイトを運営し、マスコミにも取り上げられ、魚の通販も順調にいっているのは、ビジネス実践塾のおかげです。
1日中、海の上にいる漁師の私が、結果を出せるくらいですから、ビジネス実践塾の素晴らしさがわかって頂けると思います。

株式会社長谷川設備工業
専務取締役 長谷川高士様

水道屋の長谷川高士です。
ビジネス実践塾に入会してから、こんなことがありました。

  
  • 平野さんとの距離が縮まりました。
  • 平野さんと対談をし、教材として配布されました。
  • 私のファンだという人が現れ、応援をしてくれたり、助けてくれるようになりました。
  • ベストセラーを書こう!プロジェクトで、審査員特別賞を受賞し、出版が決まりました。
  • 人脈が芋づる式につながり始めました。
  • 自分のブランドが明確になり、新規事業を始めることができました。

平野さんと初対面!
2007年7月5日のメルマガで、平野さんは、こんなことを書いていました。

> 「知り合いたいと思ったら、ランチに誘うのがいいんですよ。
>  ほとんどの人が、誘うおうかなぁって思うけど
>  実際には誘わないんです」
<中略>
> その後名刺交換タイムがあったのですが
> 数名の方から
> 「絶対にランチに誘います!断らないでくださいね(笑)」
> って言われました。
> ・・・・確か、4~5人くらいだったでしょうか。
> でも、それから3週間くらいたちますが
> まだお誘いはありません。
> 結局、そういうことなのです。

とても印象に残る内容でした。
そして約3ヶ月後の9月25日、私は、平野さんと初めてお会いしました。
出版記念講演会が名古屋で開催されることになったのです。もちろんすぐに申し込みました。
すでに実践塾入会を済ませていた私は、ようやく平野さんに会える喜びで一杯でした。
この記念講演会には、オマケがありました。講演会の翌日、人数限定のシークレットランチ会を行う、と言うのです。
その時、私は「試されてる」と思いました。
3ヶ月前のメルマガの内容からして、ここで申し込まなければ、平野さんの懐に飛び込むチャンスはなくなる、と。
> 結局、そういうことなのです。
と思われたら、終わりだ。費用対効果を考えた時、15,000円が高いとは思いませんでした。
これまたすぐに申し込みました。
講演会の翌日、指定された会場に到着。なんとそこには・・・平野さん目当ての新規の参加者は私以外に、誰ひとりいませんでした。
「・・・何で、申し込まないの?」
当時の私には、他の講演会参加者の行動が、理解できませんでした。でも今ならわかります。
・・・結局、そういうことなのです(笑)

平野さんのサイン
私が感じることですが、平野さんは常に「ある種のサイン」を発信してきたのではないかと思います。
私は、このサインにかなり敏感でした(笑)平野さんが新しい取り組みを始める度に、「平野さんはどこへ向かっていくんだろう?」と気になりました。
平野さんは、その行動の中で、必ずその答えを「サイン」として、発信してくれました。
そして実践塾に入会しました。ご本人に実際に会って話をするようになり、そのサインは、実は行動を起こす前から発せられている、ということに気づくようになりました。
平野さんは今、何がしたいのか、どこへ向かっているのか、何を求めているのか。
平野さんが送るサインをよりハッキリと意識できるようになりました。

サインを読み解く実践塾に入会してから私がしてきたのは、このサインを読み解いて、それに従った行動をするということだけです。
もちろん自分に必要なモノだけですが。
だんだんサインの読み方も上達してきたのを感じます。教材は、とにかく繰り返し見聴きしています。
そこには無数のメッセージが込められていますが、会員さん全員にとって、すべてが有益な訳ではないでしょう。
少なくとも私には、必要なものと、そうでないものがあります。
今の自分にとって必要なメッセージを受取るためには、1回や2回では足りませんし、繰返し聴けば聴くほど、新たな発見があり、次の行動につながることが多いです。


「サインを読んで、動く」
この繰り返しです。しかも「動く」ほどに、サインを読みとった時の「受け取り方」が変わってくるから、面白いですね。

変化は劇的な訳ではない
人生において、ドラマチックな変化が起きることは、滅多にないでしょう。
朝起きたら人生が変わっていた、なんてことは、実際にはありえません。
ただし、ジワリジワリと変化し始めると、ある時から、速度ではなく、「加速度」の変化に驚くことがあるようです。
実践塾に入会してからの私の体験は、まさにそれに当たります。
人脈は面白いように拡がっていき、別々に知り合った人同士が、実はつながっているというようなことが、頻繁に起こるようになりました。そして、知り合った人たちが、勝手に次の人を紹介してくれるようになってきたのです。 以前では、考えられないことでした。

振り返って思うこと
今の私の状況は、数年前では想像もできないことでした。もちろん、そうなったらいいなぁ、と望んでいたこともいくつかありますが、ここまで具体的になるとは。
しかも「平野友朗のビジネス実践塾に入会した」ことが大きなキッカケになるなんて、入会した時点では、まったく予想外です。(平野さん、ゴメンナサイ)
私は、在籍している会員さんの中でも最古参に近い会員の一人です。
最近気づいたことですが、ビジネス、特にウェブに関する知識やノウハウが、地元の同業他社さんと比べて、圧倒的という言葉ですら表現しきれないほどの質と量で身についていました。

今では、その知識とノウハウを活かして、地元企業さんに貢献しています。

継続は力なり。すぐに結果はでなくても、気づくとすごいことになっています。

落合会計事務所
税理士 落合 孝裕様

平野さんのお名前は以前より知っていましたが、直接の入会のきっかけは、6月の「メール営業力アップセミナー」に出席したことです。

穏やかな話し方で理路整然とした内容、また、名刺交換のときの爽やかな態度、そのときに「ビジネス実践塾」のことを知り、早速入会しました。

入会にあたってお電話したところ、事務局の田村さんの臨機応変な対応がすばらしく、スタッフの方も含めたアイ・コミュニケーション社のビジネススキルの高さがよくわかりました。

早速聞いた7月号の「最強のプロフィールの作り方」は、大切なことなのに、軽く考えがちなことについて、事例を交えて詳しい解説があり、とても参考になりました。

今後はセミナーなど、会員の皆さんとの交流も楽しみにしています。

流通業 濱田智様

実践塾の音声教材をiPodに入れて通勤時間などを利用して毎日聴いています。

対談では普段は聞けないゲストのお話を平野さんが分かりやすく質問されていて、繰り返し聞くたびに、新たな気づきがあります。

質問の内容が分かりやすく、思考が整理されていきます。「起業家の思考」とはこういうものなんだと実感させられます。ビジネスマインドを学びたい方にはオススメの教材です。

実践塾に入会する前は目の前の仕事をこなす日々でしたが、実践塾の教材を聞くことで仕事を「仕組み」で捉えるようになりました。

「0.1%の成長」を日々、実感しています。

叶税理士事務所
代表 叶温様

私が平野さんとお会いしたのは、2007年5月に大阪で開催されたブランディングセミナーでした。それまでは平野さんのメルマガを読ませていただいていたのですが、お会いしてさらにビジネスの考え方に共感しました。
当時私は独立して間もなかったのですが、どうやってブランドを作っていこうか?どうやって平野さんのような農耕型のビジネススタイルにすることができるのか?ということを常に考えながらビジネスを進めてきました。

平野さんのコンサルティングを受け、書籍を読み、サイトを参考にしてビジネスを進めてきた結果、お陰様で自分が思った以上の成果を出すことができました。

しかし平野さんはいつも私の数歩先を進んでいらっしゃるので、ビジネス実践塾を開かれた時はすぐに入会。

ビジネス実践塾で提供される情報は、それぞれは独立していますが、継続的に勉強していくとそれぞれが密接に関係していて、ビジネス全体をバランスよく進めていくための情報だと思います。
農耕型でバランスの良いビジネスを構築していきたい方には自信を持ってお勧めします。

会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所
代表 行政書士 齋藤史洋様

入会のきっかけは、平野さんの「走りながら考える仕事術」という本を読んだことです。この本は、私が開業する少し前に出版された本ですが、本の内容は開業準備中の私にとってはとても勉強になりました。
実践塾の開講にあたり、この著者の主催する塾なら間違いないだろうと思い入会しました。 結果的には入会して正解でした。

毎月、良質かつタイムリーな情報が送られて来るので忙しい起業家にはもってこいだと思います。
入会を迷われている方もいらっしゃるかと思いますが、入会を迷っているために、良質な情報を逃す方が損失だと思います。まっとうなビジネスを展開していきたい起業家の皆さんにはお勧めです。

ただし、あえて入会すべきでない方を挙げろと言われれば、それは起業準備中の方でしょうか。確かに、起業の準備段階の勉強として、実践塾の会員になるのも、それは一つの正解だと思います。

しかし、実践塾で学んだ内容を、「実践」できる機会がなければ、単なる知識で終わってしまいます。
実践の機会があまりに乏しい環境の方(起業準備中の方)は、実践塾を活用しきれずに、少しもったいないことになるかもれません。
その点、既に起業されている方であれば、送られてくる教材の内容を自分の事業に重ね合わせて実践できますので、問題なく有効に活用できると思います。

株式会社はぴっく 代表取締役
販促アイデアサポーター/ファン促物語ライター 眞喜屋実行様

1日16時間働いている体感

CDの音声もいいですが、何よりスゴイのは平野さんの仕事ぶりを直に感じることができる点です。 平野さんの判断やPDCAを体感できます。

会員専用メールマガジンやニュースレター、これがとっても生々しい。

普通は聞くことのできないような赤裸々な情報がかなりむき出しになっています。

新たに設置したHPの反応率。
ちょっと変更した結果。

新しいビジネスをどのような形で作っているか。
その広告費と効果はどうなったか。

普通は聞くことのできない情報たちです。
これを自分の体験としてとらえれば、1日8時間の労働でも、16時間分の経験を得られると感じます。
特に、ボクのように1人で仕事をしている人にとっては、一度手にしたら離せなくなりますよ。
会員情報を受け取って初めてその濃さに驚きましたから。

最後におススメの使い方をひとつ。
「対談音声は2倍速にして聞く」
同じ時間で2回繰り返して聞けます。

出版SPプラス代表
出版拡販コンサルタント 山本豊様

出版関係の仕事をしており、とある出版記念セミナーにて平野さんと面会する機会を得ました

そこで、実践塾のパンフレットをいただき、入会の検討をしているところに1通のメールが到着しました。

平野さんからであり、会場で質問した内容の答えが書いてあるではありませんか。

何人とも面会している中、「質問事項を覚えていてくれたこと」と「レスポンスの早さ」にいたく感動をし、即入会を決めました。

実践塾の音声テキストは、事業構築のサイクルである「理解」、「仕組み化」、「集客」、「販売」、「顧客化」のジャンルに分かれており、より内容のイメージが沸きやすい構成になっています。

4月に起業した私にとって、事業構築の流れを学ぶことはとても大事なことであり、「耳で学んで実行に移す」大切さを痛感しました。

更に、会員のみなさんと限定交流会も開催されており、情報交換のため参加させていただきたいと考えております。

ランチェスター経営「戦略社長塾」塾長
カリウデザイン事務所 代表 狩生孝之様

「実践可能なレベルまで落とし込まれた教材だ」と、初めてCDを聞いたときに思いました。

平野さんのビジネス実践塾は以前から知っていましたが、入会するまでにある程度時間がかかりました。
というのも、すでにビジネス系の教材はたくさん持っていたからです。

では、なぜ現在会員になっているかというと、平野さんの教材は、起業家が躓くポイント・飛躍するポイントというのを的確に捉えているからです。

よくありがちな教科書のような内容ではなく、再現性の高い状態で内容が盛り込まれているので、次の行動が見えやすいのです。

意志決定がメインになる大企業の社長には必要ないかもしれませんが、
従業員30人以下の起業家・中小企業の社長には必須の内容だと思います。

 ビジネス実践塾に登録する












 ビジネス実践塾に登録する