着実に売上げを伸ばすノウハウを知りたいなら、ビジネス実践塾

ビジネス実践塾

お電話でのお問い合わせは

TEL 03-5577-3237

(平日9:00~18:00)



No.46

小が大に勝つ「ランチェスター戦略」 基礎編/実践編

実践サイクル(理解/仕組み化/顧客化)

本商品の販売は終了いたしました。

ビジネスモデル

ブランディング

売り上げアップ

インターネット

仕事術

出版

セミナー・講演

アイデア作り

日本一わかりやすいランチェスター戦略の教材。弱者が強者に勝つための具体的な戦略・戦術を紹介。


  
教材No.46

CD2枚組

対 談

発売月

2011年4月

対談者

戦国マーケティング株式会社
代表取締役社長 福永 雅文

パッケージ内容

CD2枚組(DISC1 60分 DISC2 62分)
教材ガイド(2枚)

「ランチェスター戦略」をご存知ですか?

競争戦略のバイブルとして注目を集めている「ランチェスター戦略」。弱者が強者に勝つ方法として多くの企業が取り、実践してきました。パナソニック、HONDA、アサヒビール、ヤクルト、ハーレーダビッドソンジャパンの成功要因もランチェスター戦略で分析すれば明らかです。
1位以外はすべて弱者。有名企業でさえ、弱者として戦略を練りビジネスを展開しています。その成功を支えてきたのがランチェスター戦略です。ランチェスター戦略は決して有名企業だけのものではありません。柔軟性に富み機動力のある中小企業、個人事業主にこそ導入しやすい戦略です。平野友朗もランチェスター戦略を意識して活動しているから、生き残ることができたのです。

  • ランチェスター戦略とはなにか
  • どのように取り組めばいいのか
  • どのような効果が期待できるか

ランチェスター戦略の第一人者である戦国マーケティングの代表、福永さんが丁寧に解説します。ランチェスター戦略を活用した営業支援を得意とする、日本随一のランチェスター戦略コンサルタント。これまでにランチェスター戦略に関する著書を4冊出版し、年間70回程度、講演・研修・セミナーの講師を務める専門家です。

あなたのビジネスにランチェスター戦略を取り入れてみませんか?ランチェスター戦略の基礎から実践までが本教材ひとつで理解できます。

(DISC1)ランチェスター戦略基礎編では、戦略の理論全般を解説しています。ランチェスター戦略についてはじめて学ぶ方、これまでに聞いたことはあるけれどイマイチ理解できなかった方など初心者にはオススメです。

(DISC2)ランチェスター戦略実践編では、小さな会社が強者に勝つための具体的な戦略・戦術の解説に特化しています。

「戦略」と聞くと、組織活用のために使うものだと考えがちですが、個人にも当てはまります。誰もが弱者としての戦い方(ブランディングなど)を考える必要があります。

世の中には無数の戦略があります。それぞれに良さがあります。誰でも絶対に成功するという法則は存在しません。自分にとっての向き不向きもあります。戦略のどれか一つを極めるのも良し。広く浅く取り組むのも良し。選択肢を多く持つためにも知っておいて損はない。それがランチェスター戦略ですね。

お寄せいただいた感想(澤田朗FP事務所 澤田 朗様)

ファイナンシャルプランナーの澤田です。

4月より実践塾に入会させていただき、昨日、5月号の教材が届きました。

毎日の移動(自宅の足立区から事務所、顧客の自宅へ向かう時など)は車がほとんどで、CDの教材は、わたしにとっては大変便利なツールとなっています。

4月号の、福永さんの「ランチェスター戦略」のCDは、届いてから毎日車で流しっぱなしなので、数えてはいませんが、おそらく毎日3~4回は聞いていると思います。

平野さんが笑うところや、福永さんのしゃべるセリフまで、なんとなく覚えてしまったヘビーリスナーです(笑)

聞きはじめのうちは、「あまりにも抽象的すぎて良くわからないなあ」と思っていたのですが、何度も聞いていくうちに、自分の仕事にあてはめて考えることができるようになりました。

差別化・集中・特定の分野でトップになる、など、今までなんとなく考えていたことが、整理して考えられるようになり、どちらかというと「戦術」に頼ってきた部分が多かったことを認識することができました。

「戦略」がないと、特にランチェスターで言う「弱者」は、生き残っていけませんね。

最後に福永さんがお話していた、「理念がないと水も飲めない」という言葉がとても印象的でした。

理念がないと飯が食えない、だけど、理念だけでは飯が食えない、FPという業界は、大きな「強者」が見当たらず、小さな団体・個人がそれぞれ個性を持ちながら活動をしているように思えます。

知名度の大小はありますが、スキルについてはそれほど大きな差がありませんので、その中で差別化を図るには、やはり「理念」が大切なのだとあらためて思いました。

とは言っても理念だけでは‥‥というジレンマもあり、戦略と理念をうまく打ち出していくことが必要だと感じています。

一度福永さんの書籍も読んでみようと思います。

今日からは5月号のCDのヘビーリスナーになります。
聞かせていただき、思うことがありましたら、またメールさせていただきます。

お寄せいただいた感想(梅本 泰則様)

いつもお世話になります。
ようやく4月の教材CDを聞くことができました。
今回もいろいろな気づきをありがとうございました。

ランチェスター戦略の理論的な箇所は少々難解でしたが、ポーターやコトラーの理論にあてはめて説明され、理解が進みました。
また”池の大きさを小さくして大きな魚となる”といったたとえ話も分かり易かったです。
その他、松下やハーレーなどの具体例も多く、さすがによく勉強をされている方だと感心しました。

ついでに申し上げれば、福永さんから「TV、パソコン、電子調理器」の3択の質問がありましたが、”電子調理器”と即座に答えられた平野さんにも敬意を表します。
次回の教材も楽しみにしています。

お寄せいただいた感想(田尾 正一様)

対談CD

コラボレーションの時代だということの重要性について学べました。

VOL.46 ランチェスター戦略

全般にわたりゆっくりわかりやすく説明していただいたのでよかった。ランチェスター戦略についてよく理解できました。
CD No1、No2とも具体的に例をあげ説明していただいたので非常にわかりやすかった。No2の8つの差別方法が特によかった。
その他もわかりやすく説明くださいましたので、実践に役立ちそうです。

収録している内容

試聴(MP3)

音声を是非お試し下さい。

5分16秒

<DISC1>小が大に勝つ「ランチェスター戦略」  基礎編

  • 小が大に勝つために必要なこととは
  • 戦略と戦術の違いを知っていますか?
  • 仕組みと仕掛けの違い
  • 「1位になる方法」教えます
  • 戦略はひとつを極める?複数をまんべんなく?
  • いまなぜランチェスター戦略なのか
  • ランチェスター戦略とは
  • 戦闘力、武器効率、兵力数で勝敗が決まる
  • ランチェスター戦略は数字が苦手な人には難しい?
  • あなたは弱者?それとも強者?
  • 弱者の基本戦略=差別化戦略の解説
  • 局地戦、接近戦、一騎討ち戦、陽動戦で強者に勝つ!
  • 弱者は一点集中主義で
  • 強者の基本戦略=ミート戦略の解説
  • 広域戦、遠隔戦、確率戦
  • 強者は総合主義で
  • 同質化、模倣で弱者をたたくライバルと同等品を市場に投下する
  • 戦闘力は企業の営業力
  • 武器効率はソフト面、質やサービス
  • 兵力数はハード面、営業人数や店舗数
  • ランチェスター戦略を企業戦略に取り入れる方法
  • ヤクルトの訪問販売は接近戦
  • パナソニックのミート戦略
  • TOYOTAの確率戦
  • 世界のHONDAも弱者の戦略をとっている

<DISC2>小が大に勝つ「ランチェスター戦略」  実践編

  • 弱者の逆転法則
  • 自分のもっている資源で勝てる市場の見つけ方
  • スモールビジネスは細分化、重点化せよ
  • 勝負できる市場の見つけ方
  • 8つの差別化方法
  • Market(市場・客層)顧客戦略
  • Products(製品・サービス)商品戦略
  • Price(価格)価格戦略
  • Place(流通・販売経路)流通戦略
  • Place(地域)地域戦略
  • Promotion(販促・広報・広告)集客戦略
  • Promotion(営業・顧客満足)営業戦略
  • Concept(コンセプト・理念)
  • 中小企業、個人事業主のランチェスター戦略
  • ハーレーダビッドソンジャパンの戦い方
  • 弱者が集中、差別化するとよいもの
  • 強者が手を抜いているもの
  • 価格勝負に巻き込まれない方法
  • アサヒビールとキリンビールの勝負を決めた要因
  • 「ゴリラの鼻くそ」がヒットした理由
  • 小さな会社がブレイクするきっかけとは
  • 家事代行ミニメイドサービスの戦い方
  • 市場占有率の考え方
  • マインドシェアとハートシェアでお客さまをつかむ

No.46

小が大に勝つ「ランチェスター戦略」 基礎編/実践編

教材No.46

CD2枚組

対 談

発売月

2011年4月

対談者

戦国マーケティング株式会社
代表取締役社長 福永雅文

パッケージ内容

CD2枚組(DISC1 60分 DISC2 62分)
教材ガイド(2枚)

本商品の販売は終了いたしました。

  
▲ページ上にもどる

Copyright(C)2008- I-communication Inc.All Rights Reserved.