着実に売上げを伸ばすノウハウを知りたいなら、ビジネス実践塾

ビジネス実践塾

お電話でのお問い合わせは

TEL 03-5577-3237

(平日9:00~18:00)



No.47

アイデアの作り方
アイデアの実例、販促ネタ集

実践サイクル(理解/集客/販売)

本商品の販売は終了いたしました。

ビジネスモデル

ブランディング

売り上げアップ

インターネット

仕事術

出版

セミナー・講演

アイデア作り

売り上げを伸ばすアイデアの作り方、いつでも引き出せるネタのストック方法、事例をもとに使える販促ネタを紹介。


  
教材No.47

CD2枚組

対 談

発売月

2011年5月

対談者

株式会社はぴっく 代表取締役
販促アイデアサポーター/ファン促物語ライター
眞喜屋実行

パッケージ内容

CD2枚組(DISC1 57分 DISC2 67分)
教材ガイド(2枚)
補足資料(1枚)

株式会社はぴっく 眞喜屋様

もし、2時間で売り上げを上げるアイデアが作れる人になれるとしたらどうしますか?

本教材であなたが学べる内容は

  • アイデアが思いつかないストレスから解放される方法
  • 売り上げを上げるアイデアの作り方
  • 限られた時間で売れるアイデアを生み出すコツ
  • アイデアのネタ切れにならない方法
  • 小さな会社が今すぐできる販促プロモーションの仕掛け方
  • お金をかけずに見込み客を集める方法
  • 他社の成功事例を自社に置き換えて実践する方法

などなど。

ビジネスにつながるアイデアの作り方と、その実例、いますぐ使える販促ネタを約2時間でご紹介します。

ビジネスをする上でアイデアは常に求められるものです。
これまで売れなかったモノが爆発的に売れたり、一気にお客様がやってきたり。
そうした出来事の裏にはアイデアが潜んでいます。

効果的な販促プロモーションや他社との差別化、付加価値の提供。
いつも頭を悩ませていませんか?

アイデアは天から降ってくるものではありません。
生まれつきの才能も関係ありません。

ちょっと意識を変えるだけで、ちょっとやりかたを変えるだけで、誰でもビジネスにつながるアイデアが作れるようになります。
売り上げを上げるアイデアが面白いほど閃く人になれます。

対談相手は、「お金をかけずに売上を上げる 販促ネタ77」の著者であり、飲食店の販促支援を中心に活躍している販促アイデアサポーターの、眞喜屋実行(まきやさねゆき)さんです。

対談相手プロフィール

対談相手:株式会社はぴっく 眞喜屋様 株式会社はぴっく
代表取締役
販促アイデアサポーター/ファン促物語ライター
眞喜屋実行

食品スーパー「オーケー株式会社」、飲食業中心のコンサルティング会社「株式会社リンク・ワン」などを経て独立。在職中、居酒屋・焼肉屋・リサイクル店などの店長職・マネージャー職を歴任する。現在は「販促サポート」と「ファン化を促進する物語づくり」を中心に活動中。

お寄せいただいた感想(梅本 泰則様)

いつもお世話になります。
今月も終わろうとしていますのに、ようやく5月の教材CDを聞くことができました。
今月のCDは何とも手が忙しくなるものでした。
紹介される”販促ネタ”をセッセと書き取らなければならなかったからです。
それにしても、どれもこれも参考になる販促ネタばかり。教材を聞き終わったら、思わず眞喜屋さんのホームページにアクセスしてしまいました。
ネタを応用して、私のお客様にも提案させていただこうと思っています。
ありがとうございました!!

収録している内容

試聴(MP3)

音声を是非お試し下さい。
ビジネス実践塾がどのようなノウハウを提供しているのかが分かるはずです!

約5分

アイデアの作り方(前半、57分)

1400のアイデアをストックして販促支援を成功させている眞喜屋さんが、実際におこなっているアイデアの作り方を解説します。「アイデアを見つけ(気づき)」→「ブラッシュアップして言語化」→「アイデアをストック」→「ビジネスにつなげる」という一連の流れで、それぞれとるべき具体的な思考と行動プロセス、便利なツールをご紹介します。

  • 震災の影響で売り上げが落ちた飲食店を救ったアイデア
  • 復興支援したい消費者の気持ちを活かすアイデア
  • キーワードは「貢献できる」「節約できる」「来店しない理由をなくす」
  • 物語で売る方法「ストーリーテリング」
  • 物語には伝わる力、行動させる力、記録に残る力がある
  • 小冊子を販促グッズにするコツ
  • アイデアをストックする方法
  • 忘れる前にメモをとる
  • メモの取り方
  • おすすめは手のひらサイズのリング形式メモ帳
  • メモ帳から大きなサイズのノートに転記
  • 1400のアイデア
  • 固定客でさえ来店理由が必要
  • 手形は合わせたくなる
  • キンキンに冷えた、ざる蕎麦
  • アタリつきグッズは記憶に残りやすい
  • メモ→転記→見直しでアイデアを繰り返し思い出す
  • 気になった理由を確認する癖
  • 自分は最大のお客様
  • 自分の行動を理解すれば他人の行動が予測できる
  • 2つの単語帳を使い分ける
  • お客様の来店理由となるネタを集める
  • お客様の感情が動く瞬間を集める
  • お客様の来店理由となるネタを集める
  • 消費者として自分の心が動いた事柄を記録
  • 自分が買う理由を突き詰める
  • 自分以外の人が立ち止まる理由を考える
  • 見たものをそのまま真似ても差別化できない
  • 上位概念に置き換え抽象化していく
  • 食べるラー油ヒットの理由
  • 右脳的なアイデアの出し方(閃き、感情的)
  • 左脳的なアイデアの出し方(論理的)
  • モーツァルトとアインシュタインはどちらが天才か
  • アイデアは既存のものの組み合わせ
  • 形状を変える、用途を変える
  • 売り上げを上げるアイデアの作り方
  • 3色ボールペンの替え芯が売れる理由
  • 個別指導学習塾への販促支援例
  • 心の構造、心が動く瞬間は商品サービスを問わない
  • アイデアは考えようとすると負担になる
  • アイデアを出す時は時間を決める
  • アイデアのストックは一覧表より単語帳で

アイデアの実例、販促ネタ集(後半、67分)

アイデアの実例を題材に、ビジネスアイデアの成功要因を読み解きます。誰もが知っているヒット商品から学ぶ閃きのヒント。いますぐ実践できる使える販促ネタが満載です。

  • いつでもOKよりも時刻指定
  • お客さまが選ばなくていいバリエーションで見せる
  • 困った時の12星座別、血液型別、性別、出身地別、文系理系別
  • 選択肢は少なく、テーマは絞って探す負担、選ぶ負担を軽減
  • クイズを出すときの注意点
  • 参加型モチベーションアップの仕掛け
  • サービス力をアップさせる方法
  • 条件を変える
  • 料金を3倍にして、見合う品質を提供できるか
  • 見る視点を変えてみる
  • サークルKサンクス「オトナの窯出しとろけるプリン」の例
  • ダイソン「羽根のない扇風機 エアマルチプライアー」の例
  • 本は置かれるコーナーによって売れ行きが変わる
  • 商品のカテゴリを見直す
  • ビール会社出身の飲食店に強い行政書士の例
  • 対比させる
  • ANTENOR「コロネ」の例
  • 覚えてほしい特徴と逆の要素を横に置く
  • 人は比較しないと選びにくい
  • 「食パン100gあたり○○○キロカロリー」がなぜダメなのか
  • キャンペーン期間を2倍長持ちさせる方法
  • ケンタッキーフライドチキン「特別クーポンパス」の例
  • 売り込みとお知らせの違い
  • クリックをしていない人へ「お忘れでないですか?」メール
  • 「あるといいな」を実現した着る毛布の例
  • どんどん追加してしまうプラレール方式
  • 追加で違う世界を体験できると継続して長く使う
  • コカ・コーラ「ボール型PETボトル」の例
  • 安く感じる価格表示
  • ボリュームを感じる価格表示
  • 数字の見せ方で印象は変わる
  • 取っ手のとれる「T-fal」の例
  • 「エコポイント半減策」はピークを2度つくる
  • ピークの分散は運営リスクが低い
  • 体験した証拠を残すショッピングセンターのゲームコーナーの例
  • カロリーハーフ、プリン体90%OFFの勝算
  • 写真を撮りやすい空気を作る
  • 届くのが楽しみになる請求書を送る
  • 請求書にメッセージを書いたカードをそえる
  • 無機質にならない工夫
  • アイデアは思いついたら即実践

No.47

アイデアの作り方
アイデアの実例、販促ネタ集

教材No.47

CD2枚組

対 談

発売月

2011年5月

対談者

株式会社はぴっく 代表取締役
販促アイデアサポーター/ファン促物語ライター
眞喜屋実行

パッケージ内容

CD2枚組(DISC1 57分 DISC2 67分)
教材ガイド(2枚)
補足資料(1枚)

本商品の販売は終了いたしました。

  
▲ページ上にもどる

Copyright(C)2008- I-communication Inc.All Rights Reserved.