着実に売上げを伸ばすノウハウを知りたいなら、ビジネス実践塾

ビジネス実践塾

お電話でのお問い合わせは

TEL 03-5577-3237

(平日9:00~18:00)



No.54

出版プロモーションの裏側

実践サイクル(理解/顧客化)

本商品の販売は終了いたしました。

ビジネスモデル

ブランディング

売り上げアップ

インターネット

仕事術

出版

セミナー・講演

アイデア作り

出版プロモーションを実施する際のマナーや出版社の巻き込み方、効果的な「献本」のやり方が学べます。


  
教材No.54

CD2枚組

解 説

発売月

2011年12月

パッケージ内容

CD2枚組(DISC1 53分 DISC2 51分)
教材ガイド(2枚)

毎月、膨大な数の書籍が発売されます。
Amazonで販売が開始され、書店に並びます。

そのなかで、目立つ書籍はごく一部。
出版社が大々的に広告を打ったり、積極的に営業をしたりしてくれる本ばかりではありません。
一部の本を除いては、売ろうとしない限り、売れません。

本は出版して終わりではなく、出版してからがスタートです。
何もしなくても、たまたま見つけてくれた書評家がブログで紹介してくれたり、有名人に紹介されたりすることもあります。

でも、大半の書籍は、売るための工夫が必要です。
著者が自ら動いて出版プロモーションをしなければなりません。

出版プロモーションといっても、「何をどうやったらいいのか分からない」という方も多いでしょう。

「出版プロモーションって、どうやったらいいんですか??」と質問を受けることもあります。

「Amazonキャンペーンという言葉は聞いたことがあるのですが、やり方が分かりません」という声もよく聞きます。

見よう見まねでやってはみたものの、それが正しいやり方なのか、はたして効果があったのか、よく分からないという方も多いようです。

著者が一人でかけられる、時間もお金にも限界があります。
効果的な方法を実践しなければなりません。

そこで、本教材では、これまでに22冊の著書を出版してきた平野友朗が、自分自身が実際に出版プロモーションをやって身につけたノウハウ、経験から生み出されたテクニックを紹介します。


2011年10月26日に発売した『「つながり」を武器にする!ソーシャルメディア時代のビジネスメッセー
ジ59の届け方』
(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)の出版プロモーションで、平野が実際におこ
なったことを時系列に事細かに公開していますので、最新の出版プロモーション事情が分かります。

平野が実践した地道な出版プロモーションのすべて、普段は公開されない裏側をお届けします。
これから出版の予定がある方も、いつか出版をご検討の方も、知っておいて損はない情報です。

 本教材では、お金をかけずに協力者を増やす方法として、「献本」のやり方を細かく解説しています。
出版プロモーションを実施する際のマナーや出版社の巻き込み方など、出版プロモーションのイロハが学べます。

出版に限らず、あらゆるプロモーションに活用できるノウハウ満載です。
平野が実際におこなった手順を、ぜひご自身の出版プロモーションに当てはめて活用してください。

収録している内容

試聴(MP3)

音声を是非お試し下さい。

5分00秒

出版プロモーションの裏側(1)(前半、53分)


  • メールだけで出版のチャンスをつかむコツ
  • 出版社から出版の打診がきたときに必ず聞いた方がいいこと
  • 出版社への対応で心がけていること
  • ○○のレスポンスが重要 
  • 出版企画会議とは?
  • 企画を通すコツ
  • 落選しても再度企画会議にかけてもらうコツ
  • 編集者とのやりとりは○○○を中心に
  • 出版までの流れを記録する
  • 出版プロモーションを企画する前に考えておくこと
  • 協力者の見つけ方
  • 出版プロモーションはいつ開始する?
  • 出版プロモーションのベストな期間とは?
  • 書籍は発売○週間が勝負
  • 編集担当者と営業担当者は仲が悪い!?
  • 最初に○○○を把握する
  • 営業担当者を動かすために必要なこと
  • 表紙・タイトルに著者が関わりたければ○○○をする
  • 編集者とデータを共有する
  • 出版プロモーションを成功させる7つのポイント
  • 1.スケジュール管理のポイント
  • 2.いまある資源を出版プロモーションに活かすポイント
  • 3.妥協せずに実施するポイント
  • 4.あきらめずにやり遂げるポイント
  • 5.数字を読むポイント
  • 6.微調整のポイント
  • 7.根回しのポイント
  • プロモーションの効果が高い曜日、時間帯
  • Twitterを使うなら○○○○をする
  • 本の○○○○○に合うようなプロモーションをする
  • 飽きさせない絶妙なプロモーション期間とは
  • ○○すれば高確率で紹介してもらえる
  • 費用対効果の高い献本のコツ
  • Amazonキャンペーンをやらないほうがいいとき
  • この本は売れる!と直感するのはどんなとき?
  • 書店員さんに嫌われる行動とは
  • 出版社を動かすコツ
  • 出版社とコラボレーションする方法

出版プロモーションの裏側(2)(後半、51分)


  • 献本のやり方
  • 献本用書籍を用意するときの注意点
  • 見本とは
  • 献本を出版社に打診するタイミング
  • 重版から書店に陳列されるまでの期間
  • 書店から返本されるタイミング
  • 手元にどのくらいストックを持つべきか
  • 献本先の決め方
  • 献本リストの作り方
  • 過去○年間までさかのぼる
  • 返報性の法則
  • 出版プロモーションの目的とは?
  • 買ってくださいキャンペーン
  • 紹介してくださいキャンペーン
  • 献本されたら○○○をストックしておく
  • 献本用送付状の作り方
  • 送付状に○○○を入れる
  • 献本の送り方
  • 献本のタイミング
  • 出版○週間以内に献本する
  • 購入する理由の作り方
  • 強敵本と発売時期が重なったときの対処法
  • Amazonキャンペーンで効果の出る特典とは?
  • キャンペーンウェブページを作る時の注意点
  • 平野の出版プロモーション詳細スケジュール
  • メルマガはいつ配信する?何回配信する?
  • Facebookページの活用法
  • Facebookではこまめに○○○○をする
  • 特別公開!Amazonランキング推移
  • 献本から取材を獲得するコツ
  • 出版プロモーションを単発で終わらせないために

プロフィール

平野友朗(ひらのともあき)

平野友朗(ひらのともあき)

ビジネス実践塾 主宰
株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役
一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事

1974年生まれ。北海道札幌市出身。筑波大学人間学類(認知心理学専攻)を卒業後、広告代理店勤務を経て独立。アイ・コミュニケーション代表取締役。一般社団法人日本ビジネスメール協会代表理事。ビジネス実践塾主宰。日本で唯一のメルマガコンサルタント、ビジネスメール教育の第一人者としても知られる。

メルマガ黎明期より、その可能性にいち早く気づきノウハウを体系化する。商品化されたビデオ「メルマガのノウハウ」は単価1万2,000円にも関わらず、半年間で800本を販売。シリーズ3,000本以上を売り上げる。数々のオピニオンリーダーのメルマガ発行をサポートし、影響力あるメディアに育てあげた実績を持つ。

得意とする分野は、ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メールのマナーやルールの解説、メールコミュニケーションの効率化やメールの処理時間短縮などの業務改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。クライアントは、日本全国の企業、士業コンサルタント、官公庁から学校や団体まで幅広く、その数は5,000を超える。

ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げる。開発した教育プログラムによって、メールによる業務効率化やメールの処理時間削減を実現する個人や企業が続出。公開セミナーや集合研修、通信教材やeラーニグを通じて、ビジネスメール教育を提供。2013年に、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に送り出している。

「流れのない販売方法は売れない。売るのは仕組み!」というポリシーのもと、ビジネスモデルの構築や見直し、メルマガの発行から改善、集客施策の策定、販売戦略の構築、メディア戦略など、そのアドバイスは多岐にわたる。業種業態から瞬時に「ビジネスの流れ」と「数字」が読めるため、経営者や起業家から「短時間で的確なアドバイスがもらえる」と好評。

メルマガの発行・改善アドバイスをするなかで「メルマガだけでは成功できない。成功するためには、サイトの見直し、ビジネスモデルの見直し、ブランド構築が重要」と考え、2007年の7月からビジネスでの成功をトータルでサポートする通信教育事業「ビジネス実践塾」を開始。平野友朗自身の起業家としての活動から法人化への道のり、事業の多角化で蓄積したビジネスノウハウを提供中。「年商1億円、粗利3,000万円のビジネスモデル構築」を目指す方を対象に、必要なノウハウや経営情報を提供中。「経営者のブランド構築は、メディア戦略の一つ」と位置づけ、大手出版社と共同で出版プロジェクトを実施するなど、ベストセラー作家の誕生にも携わる。

自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。

著書は『ちょっとの工夫で仕事がぐんぐんはかどるビジネスメール術―仕事ができる人がやっている43のルール』(主婦の友社)、『お客様から選ばれるウェブ文章術』(日本実業出版社)、『「始めてみたけど効果がない」と思っている人の「やり直し」のメルマガ営業術』(ダイヤモンド社)、『走りながら考える仕事術!』(日本実業出版社)など合計22冊(翻訳本2冊を含む)がある。

 

No.54

出版プロモーションの裏側

教材No.54

CD2枚組

解 説

発売月

2011年12月

パッケージ内容

CD2枚組(DISC1 53分 DISC2 51分)
教材ガイド(2枚)

本商品の販売は終了いたしました。

  
▲ページ上にもどる

Copyright(C)2008- I-communication Inc.All Rights Reserved.